カテゴリー別アーカイブ: 携帯電話

ドコモのカードケータイ KY-01Lは挑戦的で良い

NichePhone-S 4Gの方がデザイン的に好きだけど

ドコモが発表した「カードケータイ KY-01L」。小型ガラケー出してくるとは思いませんでした。名刺入れに入ると言うのも良いアピールです。

基本、ビジネスパーソンがスマホと二台持ちするためのものでしょう。「通話はカードケータイ」で、と言うことです。デザインと機能は洗練されていないと思いますが、ドコモがチャレンジしたことに意義があります。

auのINFOBAR xvも好きです。大きいですが。

iPhoneは捨てられませんが、音声通話をもっと使うのであれば、どっちか買いたくなります。

 

Google Pixel 3が登場

Nexus以来のGoogleブランド

Android OSのスマホやタブレットと言えば、AppleのiOSと違って、そこかしこのメーカーから発売されています。

むかーし、まだNECの子会社の社員の時、勉強していたビジネススクールの外国人の教授に「Androidってどうなってるの?」と聞かれたことがあります。その時は、Androidが発表されたはいいが、何にも製品がなくて、そのまま消えてしまうんじゃ無いかと思われていた時でした。私は、「これから盛り上がりそうですよ。」と教授には言っておきました。今は、その通りになり、予想が的中です。

さて、本日朝にGoogleの新製品発表がありました。期待されていたPixel 3シリーズの日本発売です。

Googleストアから予約できます。

URL: https://store.google.com/jp/product/pixel_3?hl=ja-JP

私が買うなら、SIMフリーのGoogleストア版を買ってMVNOの安いSIMを入れてお仕事用にします。

Pixel 3はAndroid標準機?

機能はあるべき姿になっています。XLではなく、ノッチのないPixel 3 5.5インチ版が好き。

認証は、iPhone Xの顔認証に慣れてしまうと、指紋認証は面倒です。

Felica対応ですが、田舎の高知では関係ありません。

日本でもiPhoneからAndroidへのシフトが起きるか?

日本でだけシェアが高いAppleのiPhoneですが、今後Androidのシェア逆転が起きるでしょうか?そこは、Apple次第だと私は思います。iPhoneからAndroidへの移行障壁はめちゃめちゃ高いですが、iPhoneがこのままこれと言ってイノベーティブな製品を出さずに、Androidですごい製品が出たら、まず両方持ちして、次第にAndroidにシフトというのも有りそうです。

NichePhone-S 4Gに会う音声用MVNO SIMが見つからない

NichePhone-S 4Gが欲しいが

狙っているのは以下のフーチャーモデルさんのガラケーもどきです。Wi-Fiデザリング機能とか、ボイスレコーダー機能とかありますが、基本「通話専用電話」です。SMSも使えますけど。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フューチャーモデル NichePhone-S 4G(ニッチフォン-S 4G)(ホワイト) 512MB/4GB SIMフリー MOB-N18-01-WH
価格:12566円(税込、送料別) (2018/10/8時点)

 

楽天で購入

 

 

NichePhone-S 4Gを通話専用にしたい

仕事用には固定電話を利用していて、必要な時だけ私用電話にも着信するようにしていますが、やっぱり仕事用と私用は分けたいです。そこそこの規模の会社ならプログラマーでも仕事用のケータイ(ガラケーかも)を貰えますが、個人で仕事している時はそうはいかないので、安く買いたいものです。NichePhone-S 4Gは、本体価格が安いしMVNOが使えるので、テスト済みのSIMを買ってきて使えば良いのですが、それらのMVNOのSIMってデータ通信有りきなんですよね。音声だけってのが無い。VoLTEには対応していないので、4Gデータ回線で音声流すと言う技は使えません。

どこか、音声だけのSIM売ってないかなと探したのですが、有りません。データが付いたプランだとスマホ2台持つのと変わらないです。この機種のサイズと軽さのメリットが無くなります。

まあ、GoogleのPixel 3が安ければスマホ2台持ちも良いですが、そこそこ高いでしょうねえ。あと2日待てば発表会があるのでわかりますが。

iPhone Xレザーフォリオ – ブラック溶ける

iPhone X用ケースが溶けた

赤いところです。多分暑さの所為でしょう。べたつきますが、使えなくは無いです。

10,800円もするアップル純正ケースなので、取り替えてくれるかなと期待してアップルのサポートにTELしましたが無下に断られました。まあ、ケースは普通ダメですね。どっか陽の当たるところに置いたかなあ。記憶には無いけど。

Apple Watchが交換されて届いた

てっきり修理かと思いきや

以前の投稿のようにディスプレイ面の端が本体部分から浮き上がって、中が見えるようになっていたので、別件のApple Supportへの問合せついでに話したら、初代Apple WatchですでにApple Care切れてるんだけど、修理してくれるというありがたい申し出を受けました。早速、ヤマト運輸さんが日曜日に取りに来てくれて、本体だけ渡して、本日水曜日に戻って来ました。なんと、修理ではなく、製品交換です。つまり、新品(または新古品?)

修理に出したものは、テニスなのでいつもはめていたので、裏面は結構汚れていましたが、交換品はもちろん綺麗。

聞く必要もないので、Appleには聞いていませんが、もしかして初代Apple Watchはディスプレイが外れるという不良がもともとあるのかも。

同じような事象にあった方は、試しにApple Supportに相談してみては?無償交換してくれるかも。

iPhone Xのコンパスが間違った方向を指したけど

うろついてみると治りました

最初、机の上にiPhone Xを置いてコンパスを起動したら、南北が逆になっていました。完全に逆というわけではなく、方向が正確に取得できていないようでした。

てっきり、不具合かと思い、またまたアップルのサポートにTELしてしまいました。高いiPhone Xを買ったのだから、気にせずTELしてしまうのでした。

サポートからは、再起動してみる方法を提示されましたが、それでも改善しません。

結局、自分で思いついて、部屋の中をウロウロすると、多分正確な方角を示すようになりました。iPhone 6 Plusのコンパスもだいたい同じ値を示すので、問題ないでしょう。

サポートによると、ビルの陰とか、機器の側は正しい値が取れないことがあるそうです。私の机の上の場合、iMacもスピーカーも外付けディスプレイもあるのでその辺が影響したのかもしれません。

初代Apple WatchとiPhone Xのペアリングでアップルのサポートを受けたら

Apple WatchとiPhone Xのペアリングの仕方がわからない

アップルのテクニカルサポートにコールバック電話してもらいました。

結論から言うと、Apple WatchがiPhone 6 Plusとペアリングしていたのがダメなんです。

1台のiPhoneは複数のApple Watchとペアリングできます。1台のApple Watchは1台のiPhoneとのみペアリングできます。つまり、私の場合、Apple WatchとiPhone 6 Plusのペアリングを解除してからでないと、Apple WatchとiPhone Xはペアリングできないわけです。

早速、iPhone 6 PlusからApple Watchのペアリングを解除しました。が、iPhone 6 Plusには、「Apple Watchとのペアリング解除に失敗しました」と表示されました。実際には、Apple Watchで時間が掛かっていたようで、Apple Watchは、ペアリング待ち状態になりました。

Apple Watchが壊れている!

が、そのままiPhone Xとペアリングしませんでした。Apple Watchは、サードパーティの丈夫なケースに入れて使っていたのですが、ケースを外してみると、Apple Watchのガラス部分が本体から一部分数ミリ隙間が開いていて中がちょろっと見えるのです。これまではケースがあったので気付きませんでした。

AppleのApple Watchのサポート担当さんに、隙間が開いていることを伝えると、修理してくれることになりました。初代なので製品サポート期間は終わっていますが、なんと無償です。(まるで、iMac 27inchのヒンジが壊れた時のような対応です。製品不良?)

すぐにサポート担当さんが、クロネコヤマトによるApple Watchの回収手配してくれました。明日取りに来てくれます。バンドとかは外して本体のみ預ければ良いそうです。Apple Watchのスクリーンには防護シール貼ってましたが、もう一つ予備があるので、防護シールも外しました。Apple Watchは、通常の外出時はもとより、テニス中にもつけているので汚れてました。綺麗にして送り返してくれると嬉しいな。

サポートは時間が掛かったが、終わりよければすべてよし

アップルのサポートの電話の待ち時間は結構長かったので、トータルで1時間40分ほど掛かりました。アップルからTELしてくれるので、電話代がかからずGoodです。どっかのサポートは、03だったり050だったりするので、長時間話す気が失せます。

おまけにApple Watchを直してくれるので感激ものです。思わず電話でサポート担当さんに「やっぱりアップル最高です!」って言ってしまいました。

iPhone X(テン)到着

まずは画面保護シート貼り

今回は、エレコムさんのを買ってみました。初めてじゃないかと思うぐらい、1発でiPhone Xに綺麗に貼れました。気泡も自然と抜けます。今まで気泡に悩まされていたのがなんだったのかと思うぐらいです。

 

一度新規でセットアップしてから、バックアップからのリストア

最初普通に、新規のiPhoneとしてセットアップしました。Face IDを覚えさせるのは面白いです。顔をぐるっと回すのを2回はやらないといけないです。メガネを掛けたままでも掛けなくてもどっちでも認識してくれます。

しかし、ふと気付きました。当然新規にセットアップしたので中が空っぽなのです。これまで実用機として使っていたiPhone 6 Plusから移行して、iPhone 6 Plusは評価機にするつもりなのですが、iPhone 6 Plusに入っている多くの貴重な情報がXに移らないわけです。と、言うわけで、iPhone Xをクリアして、iPhone 6 PlusのiTunesバックアップからリストアしました。これで環境としては、iPhone 6 Plusと同じになりました。

b-mobileのドコモ用APNプロファイルで問題なし

iPhone 6 Plusにはb-mobileのナノSIMを入れていました。Apple Online StoreでiPhone X SIMフリー版を購入したので、まずWi-Fiを使えるようにして、b-mobileのサイトからiPhone 8まで検証されているAPNプロファイルをダウンロードして登録しました。それで問題なく、電話もデータ通信もできました。昨日、b-mobileのサポートに聞いた通り、まだ正式通知公開されてませんが、APNプロファイルは問題ないようです。

アプリの切り替えとプロセスの削除に混乱

情報としては知っていましたが、いざやってみると、これまでのホームボタン2度押しでプロセスを一瞥できるのとは違って、下からスワイプするのってやりにくいです。あと、プロセスを消すのに長押しして横棒ボタンを出して押下しなければならないと言うのがちょっと面倒です。

やっとApple純正レザーケースが使えた

ほぼ1週間待ってレザーケースにiPhone Xを収めることができました。ケースに入れていなかったiPhone 6 Plusより厚いですが、長さが短くなったので、ポケットに入れるにはちょうど良いです。

b-mobile内でのプラン変更

990 JUST FIT simにプラン変更を考えたけど

今使用しているb-mobileのプランより990 JUST FIT simのプランの方が安いので、変更を検討してみました。キャリアがNTTドコモからソフトバンクになりますが、それは特に気にしません。

が、

b-mobile内でのプラン変更をMNPで行う場合は、非常にコストと手間が掛かります。b-mobileのサポートに聞いたところ、

現在のプランからMNPで一旦別の事業者に契約して、再度その事業からb-mobileの新しいプランにMNPで入る必要があるそうです。

例えば、b-mobileから楽天モバイルとかに切り替えて、またb-mobileに戻ってくるという手間がかかります。単純には手数料が倍かかりますし、経由する事業者(例えば楽天モバイルとかauとか)で早期解約時ペナルティがあるとコストになります。

と、いうわけで、b-mobile内でのプラン変更は非現実的と考えて、今回はやめました。

今は、So-netのやっているnuroモバイルの0 SIMにMNPしようか検討中です。懸念材料としては、MNP手続き開始しても新しいSIMが届くまでの3日から1週間は電話が使えなくなることです。データ通信は、WiFiでなんとか我慢できますけど。

EarPodsとAirPodsを勘違いしていた

最近のiPhoneに標準装備なのはEarPods with lightning connector

てっきり、ブルーツゥースのAirPodsが7あたりから標準装備されていて、iPhone Xも同じだと勘違いしていました。lightning connectorなくなるって噂もあったし。

よくよくアップルのホームページでアクセサリを確認すると、AirPodsはオプションではないですか。がっかりです。まあ、イヤホンジャックに刺すよりはいいですが。

AirPodsを買うか、他のブルーツゥースヘッドフォンを買うか、はたまた標準装備のEarPodsで我慢するか、検討開始です。