カテゴリー別アーカイブ: 社労士

社労士試験は身も心も寒い

自己採点はまだ

本日8月25日は、社会保険労務士試験日でした。四国唯一の会場の高松まで行ってきました。前乗りです。

お、選択問題はいい滑り出し、と思いましたが、途中からとっ散らかって、択一問題はフィーリングで選んでしまいました。

選択は60%程度、択一は70%程度は取らないといけないようですが、まずダメでしょう。というわけで、明日からは、2020年の社労士試験に向けて勉強です。一回始めたら受かるまで止めるわけには行きません。ただ、そうなると、Google CloudのData Engineerも取らないといけないのですが、試験会場遠いし受験料高いので、再来年に回すかも。

ちなみに、問題用紙がないと自己採点できないので、試験では、問題用紙で正解と思ったものを丸で囲んで、解答用紙に軽く印を付けときます。試験終了10分前になったら、解答用紙の印のところを塗りつぶします。選択問題は時間が余るのが普通らしいですが、択一問題は多いし真面目にやると間に合わない可能性がありますので、あとで塗りつぶす方法は要注意です。

とにかく試験会場が寒い

受験案内配布当日に郵便局から申込書を送ったので、会場での番号は早めでした。お陰で、座席が廊下側で壁に机がぴったりつけられていたので、壁側においた眼鏡や消しゴムが落ちるのを気にせず受験できました。

が、部屋がめちゃめちゃ寒かったです。高校の教室を借りての試験でしたが、普段の授業も同じ温度じゃないだろうな!と思うぐらい寒かったです。暑いか寒いかわからなかったので、ユニクロの暑い時用ウェアに、テニスの時に羽織っていく、パーカー(夏用)を着て行ったのですが、それでも異常に寒い。普通に半袖の受験生もいて、「寒くないんだろうか?」と心配になりました。午後、咳が止まらない女性もいましたし。

ただ、この暑さに対する感覚は、私の体が暑いのに慣れてしまって、冷房に弱くなった可能性もあります(もう、年寄り?)。今月東京の某IT企業に行った時にも部屋がめちゃめちゃ寒かったんですよね。暑いのも、寒いのも苦手。。

来年の試験をもし、同じ会場で受ける時には、念のため、秋用のパーカーも持って行こうと思っています。

以外と多かった受験者

自分の受験番号が若かったため、もしかして、受験者って1教室に収まるぐらい?と思っていましたが、流石に四国から一箇所に集まるので、教室はいくつも使用されました(数えてはいませんが)。こんなに多くても例年通りなら6%ぐらいの人しか合格しないんだなあ、と感慨にふけってしまいました。

労働契約法を勉強していて「電通事件」知る

平成12年最高裁判例「電通事件」について、社労士試験勉強用の労働契約法のところで、テキストに書かれていました。電通社員の過労死自殺に対する電通への安全配慮義務違反の判例です。一瞬タイトルだけ見たとき高橋まつりさんの事件かと思いましたが、発生年数が古いので、別事件と知りました。社労士の間では、有名な最高裁判例なのだそうですが、電通はまた同じような被害者を出したことになります。先の事件の教訓を活かせなかったのが残念でなりません。

社労士試験勉強に悪戦苦闘中

受験まで70日を切りましたが、まだまだあきらめませんよ。

とは言いながら、スケジュール通り進んでいない現状です。

何が難しいって、老齢厚生年金が大変。ここはレベルC(テキストは、A,B,Cのレベルに項目を分けている)の読み込みとノート取りをあきらめました。レベルCは、練習問題で登場した時に覚えることにします。

あと、大変なのが眠気との戦い。午前と午後に必ず一回は来るんですよね。午前ならスタバに逃げる(人がいるので寝ない)と言う手もありますが、午後はスタバも混むので自宅で頑張ってますけど、それでも気を失います。そんな時は、あきらめてiPhoneのSiriに「15分後に起こして」と伝えてアラーム掛けて寝ます。

さあ、これから厚生年金保険の追い込みです。できれば、今日中に終えたい。。。

社労士試験の勉強にiPad ProとPencilが手放せない

最初は紙と鉛筆の方がいいかと疑っていましたが

慣れてしまうと、iPadを使用した電子ノートをやめられなくなりました。

アプリのGoodNotes5の出来がすごく良いということが前提にあります。

まず、ノートは複数作成できます。私は、社労士の法ごとにノートを分けています。新規ページの作成はフリックするだけです。編集は、PencilでUndo/Redoが簡単にできます。色も三色(変更可能)から、文字や線の太さも細かく設定できます。便利なのが、コピー&ペーストです。一度書いたものを、そのまま他のページにペーストできるので時間短縮です。

さらにいいのが消しゴムのカスが出ないこと。

課題としては、意外とiPad Proのバッテリーを消費します。が、ずっと使っていて、1日程度では、50%ぐらいしか減らないので、夜充電しておけば十分です。

あと、本体がちょっと重いです。この点は、もしかするとiPad Air(3代目)にしておいた方が良かったかもしれません。

iPad Proをノートとして使用するときのFace IDでの認証ですが、ちゃんとカメラの前に顔を持っていかないと許可してくれませんが、普通ノートは顔よりだいぶ手前に置くものなので、認証のたびに体を前にせり出してカメラに顔を入れないといけないのが面倒いです。

社労士の教科書は、もともと本で持っていますが、PDFでも配布されていますので、iPad Proに全部入れてあります。これでiPad ProとひっついているApple Pencilさえあれば理論上どこでも勉強できます。まあ、実際に勉強するときは、教科書とノートは別にしてますけど。

どこぞの方の記事に従って、ノートの取り方を変えています。これまでは、教科書を書き写す方法でやっていましたが、自分なりに咀嚼して自分が覚えられるようにデフォルメしています。

昔、ビジネススクールでノートをとるのにマインドマップを使用したのにコンセプトはちょっと似ています。マインドマップは発想に使用するものなので、ノートは独自のフォーマットで取っています。

毎月勤労統計調査は5人以上の事業所が対象

社労士試験では、「労務管理その他の労働に関する一般常識」に毎月勤労統計調査が登場します。昨年、ニュースになった厚生労働省の東京都での常時500人以上の従業員の企業に対する全数調査すべきところが約1/3でしたと言う点について、間違えそうなので書いておきます。

「500人以上の事業所」というキーワードが目立ちますが、毎月勤労統計調査は5人以上の事業所に対して行われます。

ただし、500人以上の事業所は全数であるべきだったようですが、5人以上400人未満についてはどうなんでしょう。調査対象となった事業所は報告しなければなりません。もしかして、この範囲は標本調査(サンプリング)でやっているのかも。厚生労働省に聞いてみたくなりましたが、社労士試験には関係ないので、やめときました。

とりあえず社労士試験を受ける人は、5人以上の事業所と覚えておきましょう。

社労士試験2018年度受験は挫折

模試の結果がダメダメ

感覚的にも、練習問題やってても、こりゃはダメだろうと思ってはいたのですが、TACさんの直前予想模試を本日やってみて、決心がつきました。

模試の結果は全然ダメダメです。お話にならないぐらい。大学受験で言うとE判定(一番下の意味です。もしかしたら模試によってはD判定が一番下かも)。少なくとも、Bぐらいではないとね。

ちなみに去年医薬品登録販売者試験を受験する前に模試やったときは、合格ラインを超えていたので、GOしました。

選択問題ですでにアウト

最初にある選択問題で最低5中3つは正解しなければなりませんが、ほとんどの科目でアウトです。この段階でもう諦め。

択一問題がさらに追い打ち

社労士過去問ランドでは一問一答の場合、そこそこ正解していましたが、ちゃんとした択一になるとグダグダです。

3ヶ月ぐらいの猛勉強ではダメだ

人によるのはもちろんでしょうが、私程度では、3ヶ月間仕事もほったらかしにして猛勉強してもダメでした。

と、言うわけで、来年受験します。四国での受験会場は、高松市なのでうどんを食べに行きがてらと思っていたのですが、台風来ているし、宿代と交通費がバカにならないので、行くのをやめておきます。

ちなみに、高速バスは往復予約していたので、取り消し料200円かかりました。それ以外は、三日前のキャンセルなので無料。

ホテルによっては、当日キャンセルでも許してくれるところもありますけどね。それは別の話。

2019年度受験に向けて再スタート

とは、言ってもその前に一つ取っておきたい資格があるのと、来年度版の教科書とかは10月ぐらいから出始めるので、それまでは今の教科書をじっくり読み返すようにします。

教科書は、法律の改定があるので、毎年最新版を買いましょう。月刊誌は定期購読した方が、モチベーション保てるかもしれませんね。

懸念は、来年度の試験に新しい元号が考慮されるかです。新しい元号はいつ発表されるんでしょう。とは、言いましても、平成30年より後の年数が社労士試験問題範囲では、あまりないのでそんなに心配はないですが。それより、毎年の法改正の方の影響が大変です。