カテゴリー別アーカイブ: テニス

本日のテニスレッスンメモ(2018/11/15) 女性でもバックハンドの強烈なフラットを打つ人は居る

しばらく投稿してませんでしたが、11月もテニススクール続けてます

あまり変わりばえしなかったので、投稿してませんでした。が、本日はちょっと違います。

練習内容はいつもの通り、試合長め

木曜日の午前の初中級のコーチは、試合を長めにします。それとサービス練習。なぜかスマッシュ練習が無い。肩痛いんで私は歓迎ですが。

強烈なバックハンド

本日振替でこられた女性は、上手な方でした。サービスもフラットで早いんですが、そういう方はこれまでもいらっしゃいました。しかし、バックハンドストロークでフラットに強烈に打つ人は初めてでした。私なんかより球速は速いです(私は、バックハンドはスライスかスピンなので)。

それでも、相手がベースライン近くからのストロークなら追いつけるので、回り込んでできるだけフォアで返します。

本日は、私と女性3人で、男性の私と上記の上手な女性がペアにならないようにジャンケンをしてペアを組みます(コーチの指示で)。

ウェスタングリップをセミイースタンに変えてみた

いつもは、ウェスタングリップなんですが、ずっと以前はセミイースタンでした。ウェスタンにしたのは、ナダルのスピンショットを真似たかったのです。今のフラット系のストロークでもドライブ系のストロークでも、ウェスタングリップで良いのですが、最近フラット気味に打つとオーバーかネットすることが多いので、セミイースタンにして、回転がかかるようにしてハードヒットするようにしてみました。私には、セミイースタンの方が合うようです。ロブを打つときは意図してウェスタンにしてエッグボールにすることもありますが、うち会うときは、セミイースタンで良いと思いました。

走り回ってポイントを取ると面白い

女性陣は、比較的ドロップかショートクロスを打つことが多いです。こっちは、それを拾うのと、ポーチに出るのと合わせて、走り回ります。ショートクロスを拾ったら、すぐにセンター近くまで戻ってボレーの体制で待つ。基本、走れないとポイント取れませんね。

本日のテニスレッスンメモ(2018/10/18)

木曜日は人数少ないです

男性は私1人、女性は3人です。練習試合にはちょうど良い数ですが、打ち込み練習の時は、急いで回らないとすぐに自分の順番が来ます。

本日は前後の動き中心

いつも通りの球出しの後は、ストローク練習で、前に落ちたボールをロブで打って、後ろに下がってまた打つと言う感じでした。いったん前に出ると、相手が早めに打ち返してきたときに、ボレーか中途半端な位置でのストロークで返すことになるので、ロブで一旦時間を稼いで、後ろに下がって、後方に返されたボールを拾います。

練習試合では相手が女性ばかりなので注意

基本私がサーブを打つときには、フラットの早いサービスは使いません。ネットする確率が高いと言うこともありますが。ただ、本日は2回使いました。相手の女性も「早いサービスを返すのは練習になる」と言ってくれたので、今後は少し使っていきます。基本はスライスです。本日もダブは無し。

相手のサービスですが、早い人も羽子板系の人もいます。早い人のサービスは、普通に返すのが基本です。羽子板系のサービスは、角度にもよりますが、相手側前衛のサイドに打ち込みます。まあ、そればっかりやると練習にならないので、1日に一回ぐらいですが。

パートナーをあてにしないのが基本

絶対にパートナーしか打ち返せない球は別ですが、無理すれば自分も触れるボールはトライするべきです。パートナーが上手な人なら別ですが、まだ自分より弱いと判断しているなら、失敗してもいいので、飛びつきます。本日はそれで2回失敗しましたけど、後悔はありません。お見合いしてしまうよりよっぽど良いです。

本日のテニスレッスンメモ(2018/10/16)

振替した火曜日のレベルは高い

初中級は、初中級なので、上級ほどではないですが、生徒さんのレベルは高いです。本日は、振替の人(私も含めて)を入れて、男性、女性が4人ずつと言う珍しい日でした。

手打ちは良くない

体を回しましょう。手だけで打つのは、ストロークにしろ、ボレーにしろ良くないです。肩痛くなっちゃうし。

ストロークのパターン

強弱、前後、左右、高低だそうです。テニス用語で言うと、ベースラインでのハードショット、弱めのショット、アプローチ、ロブ、走り込んでのフォアとバック、クロスかストレート、ネット上ギリギリか、1mぐらう上か。打ち分けできるようになると面白いですよ。

40-0からノーアドにしちゃった

男女別に練習試合です。木曜日と違って火曜日のコーチはあまり練習試合に時間を割かないので、男性陣は結局1ゲームだけでした。おまけにサーブは私。本日もスライスばっかり打ったので、ダブルフォールトは無しです。前衛とのボレー合戦の末、私のドライブボレーが決まるなどして、40-0になったのですが、その後挽回されて(私もチョンボして)40-40になりました。最後は、相手の浮いたボールをパートナーの方がボレーで決めてくれたので、終わりよければ全て良しです。

だいぶ寒くなってきました

雨が降らなくて幸いでした。帰りは、汗だくのTシャツのまま、チャリで帰ったので少々寒かったです。

本日のテニスレッスンメモ(2018/10/4)

来週、面接があるんで忙しいんですけど振替だったので

来週、外資系の会社のTechnical Interviewを受けるので、その予習に忙しいのですが、その予定が入る前に、先月膝を怪我したあとのレッスンを今日に振り替えたので、行かないとさらに500円振替料が掛かって勿体無いです。

いつもと同じにアプローチしてからのショートクロスやボレー練習

最近このパターンが多いです。さらにこれに加えて、スマッシュとカットを付けてもやります。相変わらずショートクロスが上手く決まりません。スライスならまだ入りますが、今日は意図してフォアもバックもスピンショットでやってみましたが、サイドアウトします。ボールの高さの問題かと思いました。低い球を無理からスピンさせても私ぐらいではまだまだボールが落ちてくれません。腰ぐらいのボールならゆるく打てばスピンにかかわらず落ちてくれますが。それだと、拾われるかもしれないし。

試合は好調

なぜかサーブミスがありませんでした。不思議。全部スライス(通常セカンドサービスで使います)で打ったからでしょうが。フラットはまだ安定しないのでやめときました。

ネットを越えてゆるいボールが来たので、ここぞとばかりにフルスイングしたら、思いっきりネットしました。決め球は慎重に。

あと、今日は結構走りまくりました。意外と相手が打ったボールがどこに飛ぶか予測ができるのです。まあ、ポーチに出て1回抜かれてしまいましたが。

膝の怪我はかさぶたができて取れたところと、かさぶたがついたままのところがありますが、絆創膏とか貼らなくても大丈夫になりました。前回膝を怪我した時は、2ヶ月は治りませんでしたが、今回は皮膚科の先生の言う通り2週間で治りました。

寒いのでこむら返り

帰りは大雨で、レインコートもなく、テニスウェアのままチャリで帰ったので、寒かったです。(バックとかシューズはちゃんとでかいビニール袋に入れて雨に濡れないようにガード)

暖かいシャワーを浴びていたら、足がこむら返りしました。

膝を怪我してから、意図して膝に負担かけないように走ったり、歩いたり、チャリに乗ったりしていなかったのが原因かと。いつもバイクで楽してました。スクワットぐらいは毎日やっといた方が良さそうです。

本日のテニスレッスンメモ(2018/9/18) また怪我をしてしまった

膝負傷再び

前回、数年前ですが、その時はクロスステップで靴を踏んでしまって、こけて膝を擦りむいて、砂入人工芝の洗礼を受けて、膝の外皮(皮膚は、外側から外皮、上皮、皮下組織になっています)がサクッと無くなってしまった状態になりました。両足とも。その時は、あとで皮膚科行きです。もう若くは無いので、完治まで数ヶ月かかりました。

さて、本日は、アプローチでカッコよく走り込んでスピンショット打とうとして前にコケました。両手と両膝を着いたら両膝だけ出血です。出血しちゃったんで、練習を抜け出して、スクールのスタッフに消毒して絆創膏を貼って貰いました。砂入人工芝なので、砂が傷口に入っており、一度水洗いしてからです。

その後は、普通通り練習を継続しました。

ショートクロスをベースラインから打つときには

前に出てサービスラインあたりからショートクロス打つなら、スピンショットですが、ベースラインあたりから打つときは、パンチショット(ラケットの角度だけ合わせて、振らない)で良さそうです。スピードは出ませんが、下手にスライスやスピンにするより比較的安定して角度が付きます。その代わり相手が追いつくことも想像されますが、その後どうするか、というのがポイントで、ショートクロスで決める必要はダブルスでは無いのです。

私みたいな長身で走る人だと、ショートクロスでも追いつきますし(コートが狭いと壁に当たりますけど)。

前に落とされたときに、考えすぎるとよく無いので、まずは追いつくこと

練習試合の時に、私が後衛で、相手のショットがネット際に落とされました。感覚的には、追いつけると判断して、逆方向のショートクロスに軽く打ち返そうと思ったところ、フレームの頭に当たる程度でミスしました。結構、ドロップ気味のショットに追いつく自身はあるので、その後を考えてしまい、肝心の十分ラケットをコントロールできる位置まで踏み込むのを怠ったとみます。なので、変に悔しいです(練習試合のゲームは勝ちましたが)。

後衛がちゃんと安定してリターンできる人だと楽

思い切ってポーチに出て、裏を書かれても、ロブ気味なら後衛が拾ってくれるので楽です。

まあ、練習試合ですから、私は勝つことより、半分チャレンジ、半分安全(長く打ち合うため)と意識しています。

本日のテニスレッスンメモ(2018/9/11) 火曜日レッスンスタート

木曜日よりハードです

火曜日の方が木曜日より人数多いです。また、生徒のレベルが高いです。男性も本日は私以外に2名いて、1名はなかなか鋭いショットを打ってきました。

素早く動くときに反対の足を逆方向に動かして反動をつける(でも難しい)

例えば、前のボールに駆け込むとき、普通だとどちらかの足をすぐに前に出しますが、今回のレッスンでは、逆の足を半歩引いて反動をつけて前に出る練習をしました。応用で、左右、後ろに早く動くときも、逆の足を半歩逆方向に動かして弾みをつけます。

と、言っても、練習ではできますが、本番のラリーや試合になったら完璧に忘れてます。

練習試合は他の人のサービスを一度は見ないと

特にフラットやスライスで早い球を打ってくる人は注意が必要なのですが、1発目を見ないことにはわからないので、まず観察です。本日全員サービスを打ったわけではないですが、要注意人物は抑えました。

本日のテニスレッスンメモ(2018/9/6) 久しぶりにエンジョイ

社労士試験のためのブレイク明け

2ヶ月スクールをお休みしていましたが、今月から復活です。

予定では、火曜日なんですが、台風来ていたので振り替えて本日木曜日(休む前と同じ時間)に実施です。コーチもメンバもほぼ同じ。

太ったせいか動きが鈍いぞ

社労士試験の勉強の3ヶ月間ほぼ部屋に籠っていたこともあり、体重が数キロ増えちゃいました。なので動き鈍いです。

スピンショットを意識して

やっぱりナダルのスピンショットには憧れるなあ、と思い、ラケットはバボラのPure Driveですが、ボール出しの時には意図してスピンショットで打ってみました。フレームショットになることも無く、ほぼ安定してます。たまにオーバーしますが。

前だろうが横だろうが届くと思えば届く

ベースラインの内側に入っている状態で、ネットギリギリとか、サイドを突かれると、取れないか、と思うかも知れませんが、足が動きさえすれば取れますよ。気合いです。まあ、メンバの中で私だけ男性出し、身長高いし、手長いし、走れるし、他のメンバとはちょっと違いますが。といって、私が上手いと言っているわけではないですよ。女性でバックハンドキレキレの人もいます。その人がいるとラリーが続いて盛り上がる。

毎度おなじみダブルフォールトで始まる

練習試合では、毎回、ダブルフォールトを一二回やってから、サーブが入り始めるんですよね。不思議。その前にサービス練習しているのに。まあ、その後挽回するんで問題ないのですが。

あくまで練習試合なので、勝ち負けよりはラリーに徹したり、ショットの方法を変えてみたりして楽しんでいます。

 

本日のテニスレッスンメモ(2018/6/7) 膝が痛くて走れない。。

たった一週間のブランクで走れなくなるとは

5月と6月のレッスン日の間に一週間以上のブランクが空きました。つまり、レッスン日の木曜日が5月に5回あったので、5回目はお休み(レッスンは月4回だから)になったわけです。

で、本日6月1回目のレッスンだったんですが、最初の準備運動のランニングの時点で、走れませんでした。膝が痛くてほとんど歩きです。

前回のレッスンから、歩くことはありましたが、チャリに乗ることも少なく、走ることはさらに少なかったです。雨多かったし。で、結局最初は全然走れませんでした。

練習が進むと走れるようになる

いつものことですが、練習のメニューをこなしていくと自然と膝が痛くなくなってきて、走れるようになりました。

高知は梅雨に入りましたし、今は社労士試験の勉強で座っている時間が長いですが、できるだけ膝の運動はしておいたほうが良いと思いました。

相変わらず練習試合になるとファーストサービスが入らない

サービスの練習の時には入るんですが、試合になると入らないのです。するとセカンドもダメダメで、ダブルフォールト連発します。とは言ってもそれで試合終わると意味ないので、相手が40になったあとは、入れるサーブに切り替えます。

本日のテニスレッスンメモ(2018/5/3) ショット時の足の位置に意味はあるのか?

ストロークの時に足の位置を意識するべきか?

今日のレッスンの中で、一旦オープンスタンスにして、そこからクローズ気味に普通にショットする練習を、フォア、バックとも行いました。

が、スタンスは基本ボールとの位置で決まるし、生徒によって足の長さ違うし、球出しの位置によっても変わるので、あまりスタンスを考える必要はないのではないかと思います。特に試合になってしまえば、飛んでくるボールに合わせたフットワークで走り込んで打つわけなので。

試合でダブルフォールト三連発

まあ、そういうこともあります。そのあとは、羽子板気味に、入れるように意識して、結局はノーアドで1ゲーム取りました。

練習ですから、早いサービスはあまり打たずに、ストローク戦に持ち込んだほうが良いと思っています。

本日の振替で来られて女性のサービスレシーブはすごかった

サービスも相当早い女性でした。バシバシ入ります。私の立場がありません。

それよりも、レシーブです。バックハンドでレシーブを打ち込みます。初中級では、私みたいにフォアハンドで打ち込む人はたまにいますが、バックハンドで打ち込む人は初めてでした。まあ、それでもサーバーの生徒さんは返せてましたが。

初中級では、ストロークに関してはスピードよりは、コースの方が重要な気がします。

本日のテニスレッスンメモ(2018/4/19) 生徒4名だと練習試合も長い

今回は、生徒4名

他は全て女性です。お二人は年上で、ストロークは問題ないですが、フットワークは今ひとつです。もう一人の方は、相当うまいです。サービスも早いです。

新しいコーチは相変わらず試合ずき

ラリーや、試合が多いです。これまでと違って、時間の経つのがゆっくりな感じでした。

バックサイドへの高速サービスには、ダブルハンドブロックで返す

結構早かったので、動けなかったというのもありますが、ストロークの体制を取る時間がなかったので、ブロックリターンで返しました。早いストロークには、ブロックで十分返ります。

味方のショートクロスは、ショートクロスに返されると感じる

すぐにポーチの体制に入って、ボレーで決めました。相手がストロークの体制に入った段階で、ショートクロスに返されることが読めました。ニュータイプか。。たまたま感が当たっただけですが。