カテゴリー別アーカイブ: コンピュータ

オンラインIT教育の私なりの使い方

Microsoft OneNoteを使いまくる

私が利用しているITのオンライン教育は、Coursera,Udemy,Whizlabs,LinuxAcademyあたりです。

Google Cloudの勉強ならCourseraが一番です。

日本語の教育ならUdemyです。ベネッセさんが絡んでいるので。

オンラインとは言いながら、やはり記録しておきたいものです。そこで私は、マイクロソフトのOneNoteに教育の内容を記録するようにしています。

各講座ごとにセクショングループを作り、セクションを中に入れて、講義ごとにノートを作ります。

ブラウザの画面にしか表示されないコンテンツは、キャプチャして、OneNoteに貼り付けます。

サブタイトル(訳)があるもので、日本語の物は、そのままコピペでOneNoteに貼ります。英語のものは、Google翻訳さんで自動翻訳してもらいます。結構、日本語的には文法が変なことがありますが、それは英語を元にしているので仕方ないです。一番問題なのは、サブタイトル自体が、言語自動認識で作られていてTYPOだらけの時です。本当なら講師がちゃんと修正すべきでしょうが、Udemyにはそこまでしない講師がいますので、そのままGoogle翻訳に持っていくと何のことかわからないものがあります。まあ、それは仕方ないとして諦めて、ビデオの講義の方を集中して聞くようにしています。一応、訳したものは、OneNoteにコピーしておきますが。Udemyのサブタイトルは、空行が多いので、Pythonで空行削除のプログラムをちょろっと書いて、日本語訳を作りやすいようにしています。空行削除ぐらいUnixならsed使った方が早そうですが。

模擬試験問題の場合、日本語ならそのまま解答をトライしますが、英語だと時間内に終わらせる自信がないので、いったん無回答で終了させて、解答の画面を表示させ、それ全体をGoogle翻訳で日本語にします。その後、OneNote上で、訳を見ながら、訳の間違いの修正と、解答を一問ずつ行います。なので、時間は気にしません。時間を気にするのは、本当の模擬試験の時で良いと思います。

AWS認定試験の甘い罠

クーポンで次の受験を誘う

AWSの認定試験に受かると、有料の模擬試験の無償受験が可能になるのと、他の試験の半額クーポンが貰えるんですね。

模擬試験が有料というのは、元々無償のGoogle Cloud Platformと比べるとネガティブなんですが、半額クーポンの力は怖いです。今では、いっぱいAWSの認定試験があるので、次にどれを受けさせようかというAWSの甘い罠に思えます。もし、その試験に落ちたとしても、せっかく勉強したんだから合格するまで受けてやるぞ!と思ってしまう人も多いはず。

この忙しいのに、どうしてもAWSのProfessional試験が受けたくなってしまう私でした。Udemyが安売り始めたら勉強始めちゃうかも。

AWS 認定デベロッパー – アソシエイト試験合格覚書

すでにWebで認定証とスコアが取得できるようになっていた

メールで連絡が来るまでは正式には合格じゃないと思っていましたが、Webで確認すると合格証もあるし、スコアシートもありました。1000点満点中910点なので、予想以上に高スコアでした。悩んだ問題もそこそこあったんですけど、正解が多かったようです。Solutions Architect Associateの方が難しかった印象です。Solutions Architect Associateは、最初のAWSの試験だったこともあり、一回落ちたぐらい難しかったんです。(Google Cloud Professional Data Engineerも同時に受験してこんがらがって両方落ちたという理由もありますが)。

書籍がない

AWS Solutions Architect Associateは、雨後の筍のように書籍が出版されていますが、それ以外の試験の本は和書にはありません(一冊だけAssociate三つを記載している本があります)。なので、基本他で勉強しました。

Eラーニング

Eラーニングで、使用したのは、Udemyの講座と模擬試験問題集です。講座は、65問の演習問題込みでしたが、英語です。模擬試験問題集は日本語です。

あと、whizlabsのAWS Certified Developer Associateのコースも受けました。模擬試験5つに講座にラボがありました。

一番勉強になったのは、Udemyの講座です。英語でしたけど、subtitlesがコピーできるので、Google翻訳で日本語にしました。講座内で行うHands Onが非常に有用でした。講座の資料は、PDFでダウンロードできるようになっていました。試験前日と当日に読み返しましたが、今考えるとこの資料をちゃんと勉強しておけば、合格ラインに達するんじゃないかと思います。それほど有用でした。

Udemyの模擬試験とwhizlabsはやっておいて良かったと思います。実際の試験の感触が掴めますし。

AWS 認定デベロッパー – アソシエイト試験合格(速報)

こんなの取っている場合じゃないのは重々承知なのですが

社労士試験の勉強が遅れているのに、AWSのソリューションアーキテクト−アソシエイトではなんか物足りなくなったので、プログラマの私としては、デベロッパーも取得してみたくなったわけです。

本日、地元の試験場で受験して、最終画面で「合格」と出ました。スコアとかはメールで明日ぐらいに届くでしょう。まだ、正式通知ではないので、履歴書には書きません。

試験勉強の期間は、3週間ぐらいです。最初は、先週の同じ曜日に受験するつもりだったのですが、模擬試験問題を解いてみるとあまり出来が良くなかったので、あらためて本腰入れて1週間勉強し直しました。

どうやって勉強したかは、合格通知が届いてから書くとして、本日はお天気について書きます。

お天気に悩まされた

本日の高知の天気予報では、朝方まで雨で、午後には晴れの予報でした。がしかし結果は、15時になってもまだしとしと雨が降り続いています。

自宅から試験場までは、歩くと結構遠いので、バイクで行きますが、レインウェアを着るかどうかで迷うところでした。しかし、予報では試験時間前に止みそうだったので、普段のライディングスタイルでいけるかと思いました。が、結局雨は止まず、ただし本降りというよりは霧雨状態だったので、行く時は、防水加工されたユニクロのジャケットを着て行きました。行きはまだしもですが、帰りの方が雨は少し強くなっていて、ジャケットもパンツもそこそこ濡れてしまいました。

これで試験落ちてたら、涙雨でした。あと、図書館から借りていた本数冊の返却日が今日だったのですが、先週のうちに再貸し出し手続きしてきたので、図書館に行く必要がなくなっていて助かりました。

まだまだ、天気予報は信用ならない。。。

Postfix/Dovecotのメール環境でとりあえずエイリアスのメールアドレスを設定する

メールアドレスが一つ必要になったので簡単な方法で作りました

すでにメールアドレスを複数持っているPostfix/Dovecotの環境で、既存のメールアカウントに新規のアドレスを割り当てる(エイリアスする)方法です。

sudo useradd -u XXXX -g XXXX -d /var/mail/virtual -r -s /sbin/nologin メアドのID
sudo vi /etc/postfix/virtual

エイリアスを書く

作ったID@naruppe.info  元のID@naruppe.info

設定の反映

sudo postmap /etc/postfix/virtual

単なる覚書でした。

Google Cloud Professional Data Engineerのグッズ到着

前回と同じくFedExから郵便経由で1週間

本気になれば1週間程度で配達できるんでしょうねえ。合格通知をもらってからの1週間になにもGoogleのストアから連絡がなかったので、問い合わせてみると、「ただいま作業中」という回答があり、翌日には発送通知がメールで届きました。FedExの追跡番号があったので、見ていたら3日で日本に到着、通関後郵便に渡って、月曜日に配達予定でした(月曜日は受け取れなかったので、翌日受け取りました)。なので、とりあえずGoogleのストアに問い合わせたら、意外に早く送ってくれるのではと思います。クリスマスシーズンの物流が多い時期でも問題ありませんでした。前回は1ヶ月だったのに。

余談ですが、いつものようにFedExでは、郵便の配送状況はわからないので、日本のFedExのカスタマーサポートに電話して、郵便の追跡番号を教えてもらいます。郵便では、曜日の指定はできますが、時間指定はできませんでした(一応希望した午前中いっぱいには届けてもらいましたが)。

下が、届いた商品です。パーカー(英語ではフーディ)と、ステッカーが入っています。

Data Engineerのパーカー(フーディー)とステッカー
ステッカー

前回10ヶ月前のProfessional Cloud Architectのパーカーと比較すると、 今回のProfessional Data Engineerのパーカーは、黒いです。同じ色だと寂しいのでOKです。でも基本的に同じパーカーなので着る時期は同じでしょう。あと、Architectの袖にあったGoogle CloudのロゴがData Engineerには入っていませんでした。時期的なものだと思います。

サイズは、Cloud ArchitectはXL、Data EngineerはLです。私は、肌着はLが多い、上着はXLが多いです。Google Cloudのギフトはアメリカンサイズなので、ワンランク小さくても良いでしょう。Data EngieerのLでパーカーとしてはちょうど良いです。余裕を持たせたい時には、パーカーならXLでも良いとは思います。

久しぶりの紙の本の自炊

ブームは過ぎ去ったように、あまり最近は話を聞きませんが、自炊は断捨離にもなるので、年の終わりにはやっておきたいです。

なので、数年ぶりに裁断機とドキュメントスキャナを押し入れから引っ張り出して、自炊を開始しました。紙の本は、そんなに溜まってないのですが、一冊自炊するだけでも30分ぐらいはかかるので、全部を一気に行うことは難しく、今年中に終えるつもりです。

Windows用ScanSnapがiMac上のParallelsにあるWindows10で認識しない

ParallelsのUSBデバイスとしては、ScanSnap S1500がメニューに見えているのですが、選択してもアクティブになりません。なので、PFUのサポートに電話して聞いてみました。結果から言うと、私の考えである「Parallelsの問題?」と言うところに落ち着かせました。ちなみに、「ScanSnap S1500ってMacでも使えるんですか?(ScanSnap S1500Mと言うMac専用版があるが)」と質問すると、以前のmacOSだと使えたそうです。最新のmacOS Catalinaでは、動かないとのことでした。まあ、Mac用のScanSnapを使うのが筋ですよね。で、話の中で、サポートの方が、BootCampを使っていると思ったようで、私もよく考えたら、無理にParallelsを使わずにBootCampで動かせるようにしたWindows 10で使えばいいじゃん、と思いました。

macOSは外付SSD、BootCampのWindows10は内蔵HDDなので、ParallelsのWindows10の方が、圧倒的に内蔵HDDのWindows10よりサクサク動くのですが、ここはしかたありません。BootCampのWindows10で動作させると、ScanSnapを認識しないタイミングもありましたが、USBの抜き差ししていると認識しました。あと、Managerのツールを再起動するのがいいみたいです。

今日は、主にコミックスを自炊しました。以前は、よく途中で送り込み失敗とかありましたけど、今日は全く問題ありませんでした。しばらく使っていなかったので、復活を喜んでくれたのかな?

Google Cloud Certified – Professional Data Engineerゲット

Google Cloud Certified – Professional Data Engineer

やっと合格しましたData Engineer

昨日、名古屋で受験してきました。3回目でやっと合格です。

これまで県外で受験するときは、お金がもったいないので、他のAWSやGoogle Cloudの試験を二つ同時に受験していたのですが、今回はData Engineerに集中して、3週間勉強し臨みました。これまでの試験で出ていた問題はほとんど忘れていたし、どうもGoogle Cloudで問題のアップデートが前回から今回までの間にあったようなので、勉強し直しでした。

CourseraとLinux AcademyとWhizlabasで勉強しました。後、Udemyのコースを前回購入していたのですが、アップデートがあったのでそれも勉強しました。

あと書籍としては、「スケーラブルデータサイエンス」、「機械学習図鑑」(いずれも翔泳社)、「実践ビッグデータ分析基盤開発 ストーリーで学ぶGoogle BigQuery」(秀和システム)を読みました。

AWSに比べて、試験会場が少ないのが寂しいです。地元で受験できないので、交通費が馬鹿になりません。そこんところはGoogle Cloudになんとかして欲しいです。

AWSではUSAとカナダの人が実費購入の合格記念グッズですが、Google Cloudは、無料の記念グッズをちゃんと国際便で送ってくれるので、Webで選択しました。Professional Cloud Architectのときはパーカーでしたが、今回もパーカーです。バックパックもありますけど、使わないので選びませんでした。サイズは、Cloud Architectの時はXLを買いましたがちょっと大きいので、LG(Large)にしました。形は同じみたいですが、色が黒です。あと、シールがついてきます。シールはまたMacBook Airに貼ることになるでしょう。多分前回と同じで届くのに1ヶ月ぐらい掛かります。クリスマス休暇が入るからもう少し遅いかも。

Google CloudとAWSの認定試験の違い

一般的なアーキテクトのプロフェッショナルで比較してみましょう。

  受験費用 援助

特典

有効期限

受験会場

Google Cloud Professional Cloud Architect 200ドル 無し(注1) パーカーとステッカーが貰える 2年 少ない
AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル 3万円 有り(注2)

品物は無い。(注3)

多分3年

非常に多い

注1:Google Cloudの教育コースで勉強していると50%オフクーポンが貰えることがあります。私のところには、クーポン来ましたが、なんと英語の試験にしか使えません。そりゃ物によって英語の方が優しい試験もありますけど、Google Cloudを英語で受ける気にはなりません。「何とかして」とGoogle Cloudにお願いしましたが、今後の課題にされちゃいました。
補足:後日Google Cloudから日本語版試験用のクーポンをもらいました。言ってみる物ですね。お礼の返事をしました。

 

注2:プロフェッショナルの前にAssociateを取得すると練習問題が無料になりますし、次回のテストが50%オフになるクーポンが貰えます。ただし、どちらもまだ使ったことがないので、Google Cloudのように英語の試験だけだったらショックですが、AWSはそんな馬鹿じゃないでしょう。

注3:以前にブログに書きましたがAWSの認定資格グッズは有償ですし、US/Canada内のみ配送されます。

Google CloudとAWSのどちらが良いかは決められない

どちらもIT技術者の資格としては、コストや特典からみて一長一短があります。

ただ、AWSが現状クラウドのリーダーであることは、各レポートが述べていますので、どちらを選んだ方が良いかと言えば、AWSの方でしょう。AWSのアソシエートの受験本がいくつか販売されていますけど、Google Cloudのは試験対策向けのものは無いので(今のところ)。

また、田舎に住んでいる私のような者には県庁所在地なら多分どこでも受けられるAWSは最高です。Google Cloudなんて、試験受けるために+1万円は交通費に掛かります。

Jupyterでモジュールがロードできない時

site-packagesパスを追加する

macでTerminalからpythonを動かすとモジュールのロードにエラーが出ないのに、Jupyterで見るとエラーになることがあります。モジュールの入っているsite-packagesのフォルダ見えていないからです。

まず、Terminalで見えていないモジュールのパスを確認します。

pip show モジュール名

次にjupyterでパスを確認します。

import sys
import pprint
pprint.pprint(sys.path)

sys.pathのどこかのフォルダの配下に、拡張子(.pth)の付くファイルを置きます。その中に、pip showで確認した「Location:」のパスを書いておきます。

環境変数とか、ソースコードにパスを追加するという方法もありますが、どちらも私にはしっくりこない、特にソースコードをいじるのは嫌いなので、この方法を採用しました。