カテゴリー別アーカイブ: AWS

Google CloudとAWSの認定試験の違い

一般的なアーキテクトのプロフェッショナルで比較してみましょう。

  受験費用 援助

特典

有効期限

受験会場

Google Cloud Professional Cloud Architect 200ドル 無し(注1) パーカーとステッカーが貰える 2年 少ない
AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル 3万円 有り(注2)

品物は無い。(注3)

多分3年

非常に多い

注1:Google Cloudの教育コースで勉強していると50%オフクーポンが貰えることがあります。私のところには、クーポン来ましたが、なんと英語の試験にしか使えません。そりゃ物によって英語の方が優しい試験もありますけど、Google Cloudを英語で受ける気にはなりません。「何とかして」とGoogle Cloudにお願いしましたが、今後の課題にされちゃいました。
補足:後日Google Cloudから日本語版試験用のクーポンをもらいました。言ってみる物ですね。お礼の返事をしました。

 

注2:プロフェッショナルの前にAssociateを取得すると練習問題が無料になりますし、次回のテストが50%オフになるクーポンが貰えます。ただし、どちらもまだ使ったことがないので、Google Cloudのように英語の試験だけだったらショックですが、AWSはそんな馬鹿じゃないでしょう。

注3:以前にブログに書きましたがAWSの認定資格グッズは有償ですし、US/Canada内のみ配送されます。

Google CloudとAWSのどちらが良いかは決められない

どちらもIT技術者の資格としては、コストや特典からみて一長一短があります。

ただ、AWSが現状クラウドのリーダーであることは、各レポートが述べていますので、どちらを選んだ方が良いかと言えば、AWSの方でしょう。AWSのアソシエートの受験本がいくつか販売されていますけど、Google Cloudのは試験対策向けのものは無いので(今のところ)。

また、田舎に住んでいる私のような者には県庁所在地なら多分どこでも受けられるAWSは最高です。Google Cloudなんて、試験受けるために+1万円は交通費に掛かります。

AWSの認定試験が高知で受けられなくなっていた!

追記:2019年10月30日に、テストセンターの一覧を見ると、「土佐道路テストセンター」が復活していました。バンザーイ。

AWS Certified試験をやっていた土佐道路テストセンターが消えた!

社労士試験の前に、Associateを取得したAWS Certified Solutions Architectの Professionalでも取っておこうかいと思って会場を調べていたら、4月にAssociateを受けた高知市の土佐道路テストセンターが試験会場の地図に無いではないですか!!

一応ピアソンにTELして確認しましたが、ただいまの試験会場には含まれていません。四国の他の3県にはあるのに。。。。

まあ、それでも試験会場がものすごく少ないGoogle Cloudの認定試験よりは、AWSの方が受けやすい(会場までの移動コストが安い)ので、いいんですけどね。それでも、地元で受けられないのはショック。

と、いうわけで、どうせ地元で受けられないのなら、Google Cloud Data Engineerの認定試験を名古屋あたりで受ける方を優先するつもりです。でも、受けるなら急がねば。社労士の方も10ヶ月しかないし。

クラウドサービスの料金を見積もる

さくらのVPSとAWS、Google Cloudで調べてみた

VPSの場合、仮想サーバを動かしているわけなので、単純に考えるとAWSでいうところのEC2、Google CloudのGCE(Google Compute Engine)が対抗になります。VPSではDBも動かしていますので、AWSやGCPのDB(MySQLとか)を利用する方法もありますが、費用がかさむのでとりあえず、EC2、GCEだけで考えてみました。

細かく説明はしませんが、VPSにはハイスペックを求めていないので、最低ランクからちょっと上程度で契約しています。以前、ちょっとしたサービスを動かしていたためです。現状は、WordPress+αぐらいです。

AWSもGCPも見積もりツールが付いています。VPSは月額固定なので、同様に月額が知りたいのですが、GCPはすぐに分かったのですけど、AWSは日額で出るのでぱっと見わかりづらいです。

そういうときに頼りになるのが、AWSのサポートです。無料のチャットで概算ですが、月額を教えてくれます。その場で即答は難しいので、一日後にメールで教えてくれました。チャットで、AWSで使用するOS、CPU、メモリサイズ、ディスク容量を伝えておきます。

AWSもGCPも利用方法によって、ディスカウントがあるので単純に見積もるのは難しいですが、実際に運用することのであれば、いろいろ相談に乗ってもらえます。無料枠もありますし。

数年前ですが、私の知人で、あるIT会社の代表取締役さんは、コスト的にAWSを推奨していました。

さて、結論からですが、無料枠を考えないとすると、VPSの方がAWS、GCPより安い(半額ぐらい)なので、新たなサービスを立ち上げるまでは、移行しないことにしました。FirebaseとかKubernetes (K8s) とか使い始めると、自分でメンテするのは大変なので、マネージドサービスのAWSやGCPを頼ることになります。

まあ、VPSの中で動かしているメールの設定であたふたするのも面白いですが。

AWS Certified Solutions Architect – Associateに合格したけれど

高知市で受験できるようになり、とっとと受けてみました。半分ぐらいは正解しているかな程度で、不合格かなと思いましたが、結果は合格でした。あれま。

印象としては、「Google Cloud Certified – Associate Cloud Engineer」より難しかったです。2回目の試験での合格ですし。

なんとグッズが買えない!!

Google Cloudの場合、先に投稿したようにFedExで日本にもグッズを送ってくれました。無料です。もともと、GCP(Google Cloud Platform)の認定試験てAWSより受験料高いので、グッズ分も含んでいると思いたくなります。(とすると、GCPの試験は不合格だと大ショックです)。

さて、AWSですが、AWS Gear Storeなるものがあり、そこで資格に対応したグッズが買えるようになっているのです。が、なんとUSオンリーでした。FAQを読むと、

Do you ship internationally? 

Orders can no longer be shipped internationally, we apologize for the inconvenience. We have had many issues related to unsuccessful international deliveries and have ultimately decided to remove international shipping from the website to better the overall customer experience, we do realize this impacts you significantly if you live outside of the U.S. and again are sorry for the inconvenience.

となっています。Google Cloudは、国際シッピングできるのに、ECのAmazonができないなんて。