カテゴリー別アーカイブ: コンピュータ

来年にはiMac Late 2013にサヨナラすることになりそう

2020秋リリース予定のmacOS 11.0 Big Surで、2013年以前のiMacはサポートされない

AppleのWWDC 2020によると、macOS 11.0 Big SurのサポートするiMacは2014年以降だそうです。

これまでカナダから帰ってきてから6年以上メインマシンで使用してきた、iMac Late 2013 27inchが最新macOSで動作しないことになります。慌てなくても、このまま、しばらくmacOS Catalinaで使ってもいいのですが、おそらく次のXcodeが対応しなくなりそうなので、開発に支障が生じます。

2014年の1月2日の初売りの時に、カナダからリモート購入して以来、Core i5のCPUと24GBのメインメモリと、1TBの外付SSD起動で快適に過ごしてますが、流石にOSが対応しなくなると限界です。

Apple純正?CPU(Apple Silicon)を搭載したiMacが2020年末にリリースされるようなので、おそらく様子をみて、来年に買い替えとなるでしょう。それまでは、古いiMac Late 2013とMacBook Air 2018でやりくりします。

新型iMacに期待することとしては、27inchでもいいのでメモリを自分で追加できること(BTOだと高い!)、SSD起動ができること(標準装備にHDDかハイブリッドタイプしかないのなら、これもできれば自分で入れ替えたい)。

来年には、プレゼント用にノートPCを他にも買うことになりそうなので、どんどん、お金が飛んでいきます。その分、2020年は落ち着いて、IT機器は買わないようにします。

iMacのHDDに入れたWindows 10のアップデートが遅くて

iMacの本体のHDDには、BootCamp用のWindows 10を入れています。これはほとんど起動することはなく、たまーにアップデートするぐらいです。それをやり始めたんですが、3時間たっても終わらないので、困ったものです。

iMacはLate 2013と古いやつなので、HDDが相当遅いのですが、macOSは外付けのSSDに移動しているので快適です。Windowsも普段は、macOS上のParallels Desktopで動かしています。圧倒的にSSD+Parallels Desktopの方が、HDDのWindows10より早いです。あ、ようやくWindowsのアップデートのインストールが終わって再起動が掛かりました。まだ、数回再起動するそうです。遅い。。

Apple iPad Pro用Magic Keyboardを買わない理由

買わないというよりは買えない?

Magic Keyboardの登場に衝撃を受けてから2ヶ月以上。最初は、衝動買いしそうになりましたが、今は冷静に買い控えています。例え、国から10万円給付されたとしても。

理由その1:MacBook Air 2018があるから。タッチパネルやペンは、MBAでは使えませんが、サイドカーの機能を使えば、iPad Proに画面を出せて、ペンも使えるので、その点では問題はほぼありません。

理由その2:iPad Proでは、プログラミングが難しい。できなくは無いですが、XCodeが使えないのがネックです。ただ、AWSやGCPでプログラミングするのであれば、iPad Proからそれぞれのクラウドのコンソールを使えば、ある程度のことはできるし、AWSだとほぼサーバレスWebプログラミング問題ないので、実は、関係ないという気もします。でもSwiftは欲しい。

理由その3:今、iPad Proはほぼ80%の時間を手書きノートの代わりに使用しているので、キーボードは不要なのです。Apple Pencilが使えれば良い。後、基本的にノートとして使うときはiPad Proを縦に置いているので、横置きのMagic Keyboardとは相性よく無いです。

理由その4:iPad Proをアームにつけるときに邪魔。寝る前に、iPad Proをアームに付けて、ベッドに仰向けの状態で、本読んだり、動画みたりしますが、そのときは、Magic Keyboardから外しておく必要があります。

今後Magic Keyboardを買うとしたら

物書き用のマシンが、iMac,Macbook Airだけでは足りなくなったときです。もう一台機動性の高い物書きマシンが欲しくなったときには、iPad Pro+Magic Keyboardが欲しくなるでしょう。ただ、ちょっと高いですね。あっと1万円ぐらい安かったら嬉しいんですけど。

マイナポータルのぴったりサービスはmacOS Catalina非対応

特別定額給付金をmacOSでネット申請する時には要注意

macOS Catalinaが正式リリースされてから、かれこれ半年は経つのですが、特別定額給付金の申請をインターネット経由で行う時に通る総務省のマイナポータルの「ぴったりサービス」ってCatalinaに非対応なんです(5月5時点)。

BtoBなら、なかなか最新OSに対応しないのはWindowsでも同じですが、BtoCで半年対応しないってのはあまりにも遅い。互換性評価ぐらいすぐできるでしょ?と思ってしまいます。「コンシューマーは基本的に最新OSにするんですよ」って、言いたい。本当かな?でも、さすがに半年はアップグレードしない人はいないよね。そうこうしているうちに一年経てばまた新たなmacOSリリースされるだろうし。

シャープがマスクの販売方法を根本的に変えた!

抽選販売には賛成

よーいドン、だとこうなる事はよくあるのですけど、販売方法を変更するまでは、システム改修でなんとか頑張ってみようと思われたんですかね。ここまで、判断が遅れたと言う事は。

とりあえず1回目は抽選販売で、2回目以降はどうするか決まってないようですが、COCORO MEMBERSの登録と、応募を切り離しているので、COCORO MEMBERSのAPサーバやDBサーバへのアクセスは軽減されるでしょう。

私は、この抽選販売によって、システム改修ではなく、ワークフローにより回避した判断は正しいと思います。

ただ、応募サイトを準備中という事ですが、このサイトを慌てて作ってバグらないように祈ります。

テレワークの基本

自宅に仕事に関する情報を持ち込むべからず

テレワークに慣れている人には当たり前のことですが、慌てて取り入れようとするところは、会社で通常使用していて内部に仕事の情報を含んでいるノートPCを持ち帰ったり、USBメモリとかに入れて、自宅の個人のPCで作業したりしているのではないでしょうか?それってダメな方の在宅ワークです。

テレワークをちゃんと行うなら、

  • 使用するPCは、会社がレンタルするノートPCにしよう
  • そのノートPCは、ディスクレスか、ディスク不能の物にしよう
  • 自宅のPCや会社から持ってきたノートPCから、VPNで会社のネットワークに繋ごう
  • 会社のネットワークに入ったら、会社のデスクトップなどのPCにリモートログインしよう
  • 作業は、会社のPC上で行おう。会社のPCは自動で起動できます(普通は)。
  • もしかすると、オンラインミーティングは、リモートログイン状態ではレスポンスが悪すぎるかもしれないので、その場合は、マイクロソフトなどのサービスを利用しよう

です。ポイントは、自宅に会社の資料やデータを持ち込まないということです。大手のIT企業なら10年以上前からやっていることです。

上記ができないのであれば、最低限は以下を行いましょう。

  • ディスクは自動で暗号化されるように設定する
  • BIOSパスワードが使えれば設定する
  • USBメモリなどを使用するなら暗号化されるものを使用する

がんばって、安全にリモートワークしましょう!!

「情報処理技術者 令和2年度春期試験の取りやめ」とは

TOEICも中止になっていたのでもしやと思っていたら

春の試験を目指して勉強してこられた方には、残念なニュースです。情報処理技術者試験は、春秋二回ですが、試験科目によっては(特に高度な方)は年一回の予定なので、影響が大きいです。秋に全科目やるのか、数ヶ月後にやるのか、完全に中止にするのかわかりませんが、勉強されてた方への影響を最小限にしてあげて欲しいです。

IT系の日本企業に勤めていた私の経験からですと、情報処理技術者試験に合格していることはちょっとはメリットが有ります(給料とか)。ただ、実務面ではたいして関係ないので、あまり気にしないという考え方もあります。会社によるとは思いますが。最近は、情報処理技術者試験よりAWSやPMPを受けといた方が良いかもしれませんよ。

お願いだから社労士試験は中止にしないで!

毎年8月末の予定ですが、その日に向けて日夜勉強しているので、どうか中止だけは無いように祈ります!!とは、言っても、試験会場の密度は、情処と対して変わらないので、このまま新型コロナウィルスが収束してくれないと危ないです。試験会場が少ないので、情処のように47都道府県で受験できるようにしてくれたら、もっと会場の密度は低くできると思います。

iPad Proユーザには朗報の新キーボード

トラックパッドなどを備えた新しMagic KeyboardはCool

MicrosoftのSurfaceの2in1が流行っているのは、iPadのキーボードがちゃちいせいなのでは?と思っていた私です。しかし、今回発表された新しいトラックパッドなどを備えた新しいMagic Keyboardは、また発売されていないけれど、みた感じめちゃめちゃかっこいい。特にキーボードがフルスペックで、かつiPad Proがちょっと浮いているのがいいじゃん。おまけに私が持っているiPad Pro 2019年版でも使えるとのこと。

一瞬、MacBook Airをやめて、iPad Pro+Magic Keyboardにしてしまおうかと考えてしまいました。実際には、用途が私の場合異なるので、MacBook Airは必要だし、iPad Proは紙のノート代わりなので、キーボードは付けたくないのです。

それでも、新しいMagic Keyboardはかっこいい。Appleらしいデザインです。まあ、カメラ部分(あのボトムスみたいな)が、飛び出ているのはiPadとしてはいただけませんが。

ところで、iPhone SE2(仮)の発表が無いですね。延期かなあ。

Amazon Web Services認定試験の受験は9月までペンディング

DevOps Professionalを受験しようと思ったけれど

AWS Certified DevOps -Professionalを受験しようかなと思いました。クラウドシステムは違いますが、Google CloudでCloud Architect Professional持っているし、どちらかというと開発系の知識を高めたかったのでDevOpsにしようと思ったのですが、勉強していたら、社労士試験の勉強スケジュールに遅れが生じました。社労士の勉強を疎かにしてしまったら本末転倒なので、8月までの6ヶ月は、社労士に集中です。さすがに昨年より充実して勉強できています。

AWSの認定ビッグデータ スペシャリティが名前を変える

2020年の4月13日から「AWS 認定ビッグデータ – 専門知識」は、「AWS 認定データ分析 – 専門知識」に名前が変わります。なので、今から古い方を勉強している人は、少し待って新しいデータ分析の方にした方がいいかもしれません。

私の場合、9月ならちょうど「AWS 認定データ分析 – 専門知識」の学習資料が出てきている頃なので、もしかしたら受けるかもしれません。その前に、DevOpsを受けるかも。

iMacが古くても満足の性能で使えるわけ

6年前のモデルでも不満はありません

以前にも書きましたが、私のメインのPCはiMac Late 2013という、もう6年以上発売から経過したモデルです。以前の私のMacやWindows PCの経験からすると、非常に長い間使えています。それも使っていてストレスはありません。

そのポイントはスペックにあり!

iMac Late 2013を購入するときに、会社を立ち上げてソフトウェア開発することは決めていたので、良いスペックのマシンを買うことにしていました。そこで選んだのが、

iMac Late 2013 27-inch( 3.2GHz クアッドコア Core i5)です。Core i5は、普通のレベルでしょうが、iMacの使用感を決めるのはCPU(MPU)では無いです。まあ、Celeronとかになると使えそうに無いですが。

27-inchにしたのは、ソフトウェア開発時に画面が広い方が良いということもありますが、もう一種類の選択肢である23-inchモデルとの間に大きな違いがあって、27-inchにはサードパーティのメモリを自分で交換できることです。23-inchはできません。AppleからiMacを購入するときメモリは最小で購入して、サードパーティのメモリを24GB購入して装着しました。これがまずポイント。

その後、内蔵HDD(1TB)の性能が耐えられなくなりました。OSおよびアプリの起動が非常に遅い。SSDとHDDのハイブリッドのiMacを購入するとめちゃ高いので、購入時には選択肢にありませんでした。HDDで十分だろうと思ったので。ただ、ノートPCが普通にSSDで使っていてOS、アプリの起動や操作に爽快感があることを考えると、HDDよりSSDを使用することはもう当然のことのようになりました。そこで、SSDへの移行となりました。最近のiMacだとセキュリティの関係でややこしくなっているようですが、iMac Late 2013では、外付USB3.0のSSDが起動ディスクとして使用できます。HDDと同じ1TBのSSDですが、価格も相当安くなっていました。移行すると、もう使用感は全く別物で、爽快そのものです。今時のiMacに負けないんじゃ無いかと思うぐらいです。

今後の買い替えはどうする?

私が大手電機メーカーのソフトウェア開発子会社にいたときは、会社支給の標準PCは数年で交換するようになっていました。

私が今度iMacを買い換えるとすることがあるかというと、多分、今のiMacを下取りに出してもそんなに高くは買ってもらえないので、買い替えではなく、新しいものを購入したいです。事業が予定通り行けばですが。そのときもやはり、現iMac Late 2013 27-inchと同様の考え方で、

・メモリはサードパーティの物をできる限りフル装備したい(今は実はフル装備ではないです。スロット一つ空いてます。でも十分)
・フルSSDにしたい(ハイブリッドはなんかいや。でもフルSSDのiMacってあったかな?)

です。まだまだ、新しいiMacの購入予定は無いですが、来年ぐらいには考えられるような状態にしたいと思います。AMDのCPU版が出るかもという噂もあるので、ちょっと期待しています(安いが性能は良いはず)。あとは、MacBook Proをフルスペックで購入して、27inch外付ディスプレイを購入して、どこでも仕事環境を持ち運べるようにするということも考えています。