カテゴリー別アーカイブ: コンピュータ

MacBook Air 2018にさようなら!

ソフマップさんのラクウルに買取依頼しました

高く買ってもらえるところならどこでも良いと言うわけではなく、やはり信頼の置けるところが良いので、これまでも購入や買取をしたソフマップさんにお願いしました。何と、自宅に取りに来てもらった翌日には査定が終わりました。田舎に住んでいるのに、早!!

買ってからほとんど使うことがなかったMacBook Airです。傷がつかないようにカバー用のシールを貼って、その上にクラウド系認定資格のステッカーを貼りまくってました。なので、カバー用シールを取り外せば、傷は全くなし。

箱もオプションも全て保存しておいたので、査定結果も満額でした。ついでに買取に出したタイミングがよく、+αの金額が付いていて超ラッキーでした。

私のMacBook Airの問題点

なんと言ってもディスク容量です。2018版で、一番小さい128GB SSDのものを購入したのですが、あっという間にいっぱいになりました。MS OfficeとXcodeがデカイです。256GBはないと話にならないです。Xcodeなんか、アップグレードする時、「容量が足りない」と怒られる始末です。

iMac Late 2013 27inchを買取に出して、MacBook Proを買う布石

今回のMacBook Airの売却は、Big Surで無視されたiMac Late 2013の買い替えのための資金調達のためです。やはりノートのMacは欲しいので、iMacではなく、次は、MacBook Proを購入する予定です。ここ数日、現在のIntel版を買うか、Apple Silicon版を待つか悩みまくってます。Appleのテクニカルサポートにも聞いてもみました。もちろん、テクニカルサポートさんも現在我々が知ることのできる情報以外は、持っていないので、何の解決にもなりませんが、悩み相談にはなりました。

また、iMac Late 2013を売って、MacBook Proを買ったとして、外付け液晶ディスプレイを一つ買うか、ディアルで買うか悩んでます。今、iMacもI-O DATAの21インチをつけてディアルにしていますが、光沢有りなのでちょっと作業向きじゃないんですよね。

今考えているのは、少々お値段かかりますが、MacBook ProからUSB-Cで、27インチの液晶ディスプレイに繋いで、そこから、DipslayPortで、21か23インチぐらいのディスプレイに橋渡しすると言う方法です。DELLのディスプレイにそんなのがありました。すると、MacBook Proのポートは、一つしか消費しなくても、外付けディアル(MacBook本体の液晶ディスプレイも使えばトリプル)ディスプレイ構成ができます。

早くApple Silicon版のMac発表してくれないっすかね。発表されたのがMacBook Proでなく、MacBookだったら、スペック的にまた悩ましいところです。

 

Macを売却する前にやっておくこと

バックアップ

リストアして環境を他のMacで使うなら必要です。環境移行しないのであれば、不要です。

iTunesの認証解除

「アカウント」「認証」メニューから「このコンピュータの認証を解除」を行いましょう。まあ、最悪、認証情報はフルクリアして、必要な製品で再認証という手もありますが、面倒なので。

iCloudからサインアウト

Appleメニューの「システム環境設定」の「概要」でサインアウトできます。

iMessageをサインアウト

iMessageを起動して「環境設定」の「iMessage」アイコンを押下し、「サインアウト」します。

指紋データの削除

やらないといけないのかわからなかったですが、念のため。システム環境設定の「Touch ID」を選んで、今入っている指紋を削除します。

ディスクの消去

https://support.apple.com/ja-jp/HT208496

を参考にします。macOSを復元の方法からmacOSユーティリティの画面にあるディスクユーティリティを起動します。

command + Rで再インストール

地球儀が回っています!

Anaconda Python3のインストールでエラー

単にインストーラのバグでは?

Mac用のグラフィカルインストーラで普通にインストールしようとすると、「ここにはインストールできません」的なエラーが出て先に進めません。が、インストールするディスク(実際には一つしかないですが)を選ぶと、インストールできます。

インストール対象のiMacが相当Pythonだらけになっているのでそのせいかも?シンプルな環境のMacBook Airにはすんなりインストールできたので。

単なる覚書でした。

心電図モニター無いのでApple Watch 6は見送り

Apple Watch SEはちょっと魅力的

血中酸素濃度が測れるみたいですが、これまで異常値になったことは無いので、不要です。それより心電図モニターが使えると良かったのですが、少なくともリリース時には使えないので、Apple Watch Series 1が元気なうちは、買い替えません。6の値段に1との機能差を埋めるものがないです。SEでも同様。画面がちょっとぐらい明るく大きくなる程度で買い替えは無いです。

心配だったのが、Watch OSのサポート対象からSeries 1が外れるかな?と思ったのですが、奇遇でした。まだまだ、行けます。
間違いでした!!Series 1は、Watch OS 7の対象外です。Series 2も。見捨てられたApple Watch…でも、困ってないので、このまま、Watch OS 6で良いです。

別売ハードカバーが壊れたので、それだけ新たに購入して、1を使い続けます。

それよりiMac

iMacは突然新製品が発表されるので怖いですが、新mac OSのサポート対象外になってしまうiMac Late 2013をなんとかしないといけないので、今後はiMacに注目です。

Apple Watch用カバーが壊れた

Apple Watch初代にずっとつけていたものなので経年劣化です。スポーツするときも付けてたし。

噂されている新型のApple Watch Series 6が出たら買え!ってことかなと思いました。早く来いこい9月15日のApple Event!

来年にはiMac Late 2013にサヨナラすることになりそう

2020秋リリース予定のmacOS 11.0 Big Surで、2013年以前のiMacはサポートされない

AppleのWWDC 2020によると、macOS 11.0 Big SurのサポートするiMacは2014年以降だそうです。

これまでカナダから帰ってきてから6年以上メインマシンで使用してきた、iMac Late 2013 27inchが最新macOSで動作しないことになります。慌てなくても、このまま、しばらくmacOS Catalinaで使ってもいいのですが、おそらく次のXcodeが対応しなくなりそうなので、開発に支障が生じます。

2014年の1月2日の初売りの時に、カナダからリモート購入して以来、Core i5のCPUと24GBのメインメモリと、1TBの外付SSD起動で快適に過ごしてますが、流石にOSが対応しなくなると限界です。

Apple純正?CPU(Apple Silicon)を搭載したiMacが2020年末にリリースされるようなので、おそらく様子をみて、来年に買い替えとなるでしょう。それまでは、古いiMac Late 2013とMacBook Air 2018でやりくりします。

新型iMacに期待することとしては、27inchでもいいのでメモリを自分で追加できること(BTOだと高い!)、SSD起動ができること(標準装備にHDDかハイブリッドタイプしかないのなら、これもできれば自分で入れ替えたい)。

来年には、プレゼント用にノートPCを他にも買うことになりそうなので、どんどん、お金が飛んでいきます。その分、2020年は落ち着いて、IT機器は買わないようにします。

iMacのHDDに入れたWindows 10のアップデートが遅くて

iMacの本体のHDDには、BootCamp用のWindows 10を入れています。これはほとんど起動することはなく、たまーにアップデートするぐらいです。それをやり始めたんですが、3時間たっても終わらないので、困ったものです。

iMacはLate 2013と古いやつなので、HDDが相当遅いのですが、macOSは外付けのSSDに移動しているので快適です。Windowsも普段は、macOS上のParallels Desktopで動かしています。圧倒的にSSD+Parallels Desktopの方が、HDDのWindows10より早いです。あ、ようやくWindowsのアップデートのインストールが終わって再起動が掛かりました。まだ、数回再起動するそうです。遅い。。

Apple iPad Pro用Magic Keyboardを買わない理由

買わないというよりは買えない?

Magic Keyboardの登場に衝撃を受けてから2ヶ月以上。最初は、衝動買いしそうになりましたが、今は冷静に買い控えています。例え、国から10万円給付されたとしても。

理由その1:MacBook Air 2018があるから。タッチパネルやペンは、MBAでは使えませんが、サイドカーの機能を使えば、iPad Proに画面を出せて、ペンも使えるので、その点では問題はほぼありません。

理由その2:iPad Proでは、プログラミングが難しい。できなくは無いですが、XCodeが使えないのがネックです。ただ、AWSやGCPでプログラミングするのであれば、iPad Proからそれぞれのクラウドのコンソールを使えば、ある程度のことはできるし、AWSだとほぼサーバレスWebプログラミング問題ないので、実は、関係ないという気もします。でもSwiftは欲しい。

理由その3:今、iPad Proはほぼ80%の時間を手書きノートの代わりに使用しているので、キーボードは不要なのです。Apple Pencilが使えれば良い。後、基本的にノートとして使うときはiPad Proを縦に置いているので、横置きのMagic Keyboardとは相性よく無いです。

理由その4:iPad Proをアームにつけるときに邪魔。寝る前に、iPad Proをアームに付けて、ベッドに仰向けの状態で、本読んだり、動画みたりしますが、そのときは、Magic Keyboardから外しておく必要があります。

今後Magic Keyboardを買うとしたら

物書き用のマシンが、iMac,Macbook Airだけでは足りなくなったときです。もう一台機動性の高い物書きマシンが欲しくなったときには、iPad Pro+Magic Keyboardが欲しくなるでしょう。ただ、ちょっと高いですね。あっと1万円ぐらい安かったら嬉しいんですけど。

マイナポータルのぴったりサービスはmacOS Catalina非対応

特別定額給付金をmacOSでネット申請する時には要注意

macOS Catalinaが正式リリースされてから、かれこれ半年は経つのですが、特別定額給付金の申請をインターネット経由で行う時に通る総務省のマイナポータルの「ぴったりサービス」ってCatalinaに非対応なんです(5月5時点)。

BtoBなら、なかなか最新OSに対応しないのはWindowsでも同じですが、BtoCで半年対応しないってのはあまりにも遅い。互換性評価ぐらいすぐできるでしょ?と思ってしまいます。「コンシューマーは基本的に最新OSにするんですよ」って、言いたい。本当かな?でも、さすがに半年はアップグレードしない人はいないよね。そうこうしているうちに一年経てばまた新たなmacOSリリースされるだろうし。

シャープがマスクの販売方法を根本的に変えた!

抽選販売には賛成

よーいドン、だとこうなる事はよくあるのですけど、販売方法を変更するまでは、システム改修でなんとか頑張ってみようと思われたんですかね。ここまで、判断が遅れたと言う事は。

とりあえず1回目は抽選販売で、2回目以降はどうするか決まってないようですが、COCORO MEMBERSの登録と、応募を切り離しているので、COCORO MEMBERSのAPサーバやDBサーバへのアクセスは軽減されるでしょう。

私は、この抽選販売によって、システム改修ではなく、ワークフローにより回避した判断は正しいと思います。

ただ、応募サイトを準備中という事ですが、このサイトを慌てて作ってバグらないように祈ります。