カテゴリー別アーカイブ: コンピュータ

納得いかないiPad Proの背面カメラ

今さらながらiPad Pro 11インチを買って思ったこと。だいたい美しい背面からなんでカメラが飛び出してなければいけないわけ?そんなカメラはいらん。

背面には保護シールを貼っていて、カメラ部にも丸いシールを貼っているが、筆記していると、シールがズレる。で、位置を修正する。

色々理由があって飛び出しているんでしょうけど、ジョブス氏だったら絶対認めないと思う。美しくないもの、それ以上に邪魔。キーボード付けることしか考えてないのかねえ。

ついでに言わせてもらえば、なんですかあのMac Pro。大根おろし。ラックマウントかと持った。全然美しくない。これならゴミ箱版の方が美しかった。

AWS Certified Solutions Architect – Associateに合格したけれど

高知市で受験できるようになり、とっとと受けてみました。半分ぐらいは正解しているかな程度で、不合格かなと思いましたが、結果は合格でした。あれま。

印象としては、「Google Cloud Certified – Associate Cloud Engineer」より難しかったです。2回目の試験での合格ですし。

なんとグッズが買えない!!

Google Cloudの場合、先に投稿したようにFedExで日本にもグッズを送ってくれました。無料です。もともと、GCP(Google Cloud Platform)の認定試験てAWSより受験料高いので、グッズ分も含んでいると思いたくなります。(とすると、GCPの試験は不合格だと大ショックです)。

さて、AWSですが、AWS Gear Storeなるものがあり、そこで資格に対応したグッズが買えるようになっているのです。が、なんとUSオンリーでした。FAQを読むと、

Do you ship internationally? 

Orders can no longer be shipped internationally, we apologize for the inconvenience. We have had many issues related to unsuccessful international deliveries and have ultimately decided to remove international shipping from the website to better the overall customer experience, we do realize this impacts you significantly if you live outside of the U.S. and again are sorry for the inconvenience.

となっています。Google Cloudは、国際シッピングできるのに、ECのAmazonができないなんて。

Apple Pencilチップはちゃんとはめないと認識してくれない

まだ、iPad Pro 11インチとApple Pencil第二世代を購入して1ヶ月も経っていませんが、ノートを書きまくっていると、先端が欠けてきて、形が変わったので、アップル純正のApple Pencilチップを購入しました。

付けてみたのですが、ノートに描画できず全然認識してくれなかったので、慌てました。試しに古い標準のチップに戻すと問題なく描けました。

経験則ですが、ちゃんとチップを締め付けないと認識しないみたいです。ちゃんと締め付けた後は、問題なくこれまでどおりノートが取れるようになりました。

アップルの販売するApple Pencilチップは4つセットなので、これで少なくとも社労士試験までは、ノートを取り続けても持つでしょう。チップひとつあたり600円弱の計算なので、結構高いです。

社労士試験の勉強にiPad ProとPencilが手放せない

最初は紙と鉛筆の方がいいかと疑っていましたが

慣れてしまうと、iPadを使用した電子ノートをやめられなくなりました。

アプリのGoodNotes5の出来がすごく良いということが前提にあります。

まず、ノートは複数作成できます。私は、社労士の法ごとにノートを分けています。新規ページの作成はフリックするだけです。編集は、PencilでUndo/Redoが簡単にできます。色も三色(変更可能)から、文字や線の太さも細かく設定できます。便利なのが、コピー&ペーストです。一度書いたものを、そのまま他のページにペーストできるので時間短縮です。

さらにいいのが消しゴムのカスが出ないこと。

課題としては、意外とiPad Proのバッテリーを消費します。が、ずっと使っていて、1日程度では、50%ぐらいしか減らないので、夜充電しておけば十分です。

あと、本体がちょっと重いです。この点は、もしかするとiPad Air(3代目)にしておいた方が良かったかもしれません。

iPad Proをノートとして使用するときのFace IDでの認証ですが、ちゃんとカメラの前に顔を持っていかないと許可してくれませんが、普通ノートは顔よりだいぶ手前に置くものなので、認証のたびに体を前にせり出してカメラに顔を入れないといけないのが面倒いです。

社労士の教科書は、もともと本で持っていますが、PDFでも配布されていますので、iPad Proに全部入れてあります。これでiPad ProとひっついているApple Pencilさえあれば理論上どこでも勉強できます。まあ、実際に勉強するときは、教科書とノートは別にしてますけど。

どこぞの方の記事に従って、ノートの取り方を変えています。これまでは、教科書を書き写す方法でやっていましたが、自分なりに咀嚼して自分が覚えられるようにデフォルメしています。

昔、ビジネススクールでノートをとるのにマインドマップを使用したのにコンセプトはちょっと似ています。マインドマップは発想に使用するものなので、ノートは独自のフォーマットで取っています。

AWS認定試験が高知でも受けられるようになっていた

ピアソンのおかげ

IT試験などでもおなじみのピアソンでAWSの試験を受けられるようになりました。調べてみたら、なんとど田舎のこの高知でも受けられるではないですか。

Google Cloud Professionalの試験の時なんか、大阪や名古屋まで行っていましたが、AWSについては、その旅費が要らないだけで、めちゃめちゃ助かります。

とは、言いましても、ただいま私は社労士試験に集中しなければならない立場なので、AWSの試験は先延ばしです。ちょろっと受けてくればいいじゃん、というのもありますが、今合格してもそんなにメリット無いので、我慢します。

iPad Air 2を売却

個人情報漏洩が怖いので、一応大手の電器店の買取サービスを利用

初めてでは無いですが、その大手電気店の買取サービスの方法が変わっていました。これまでは、ユーザー登録せずに毎回身分証明書の印刷物をつければ買い取ってくれていましたが、いつの間にかアカウントを作成して、Webから身分証明書の画像ファイルを登録する方法になっていました。まあ、また利用させていただくこともあるでしょうから特に問題ありません。

もっと高く買ってもらえるところがあるのかもしれませんが、無名の買取専門店をあまり信用していないので利用したことがありません。

iPad Air 2の査定価格ですが、上限+初回(サービスが変わったから)500円でした。銀行振込時に250円手数料を取られますがまあ良いでしょう。値段的には、AppleのGiveBackより大きく高値で引き取ってもらいました。

毎度、買取に出すときには、気をつけたいところですが、製品を購入した時の箱や備品一式は取っておきましょう。今回もiPad Air 2の箱から備品まで持っていましたし、iPad Air 2自体にディスプレイフィルムと背面シールを着けて使っていたので、汚れや傷はありません。なので、上限査定になったと思います。

Appleの製品に付属するイヤフォンや充電器、ケーブルなどは使用せずに、サードパーティの安いもの(でも信頼の置けそうな製品)を買っておくべきかもしれません。すると、備品については、未使用で買取に出せますし。

現状を打開するためにiPad Pro 11インチを買う

Apple Pencilを使ってノートを取りたかったから

どうせならもっと早く買えばいいものを、発売から半年経って買いました。

iPad Pro 11インチとApple Pencil(第2世代)です。後、背面側面カバー用にシリコンカバーを、フロント画面の傷防止と書き具合の改善のためにシールを買いました。

さて、一からセットアップするのは面倒なので、手放すつもりのiPad Air 2をiMac Late 2013にiTunesでバックアップしました。さあ、iPad Proにそれをリストアしようと思ったんですが、iMac Late 2013のThunderboltは、iPad Pro 11インチ 2018版のコネクタであるUSB-Cではありません。なので、iPad Proに付属しているUSB-C to USB-Cケーブルが使えません。仕方ないので、ついでに税務署に行く予定があったので、その近くのケーズ電器で、USB-A to USB-Cのケーブルを買いました。まあ、それを買わなくても、MacBook Air 2018がUSB-Cなので、そっちのiTunesにUSB-C to USB-A(これは持っていた)+USB-A to Lightningを繋げば、iPad Air 2をバックアップできて、USB-Cケーブルで、iPad Proにリストアできるんでしょうけど、MacBook Airに一時でもバックアップを入れたくなく、今後も継続して、iMacでバックアップは管理したかったので、ケーブルを購入しました。で、忘れてたのか、気づかなかったのか、ケーズ電器って、安心パスポート持っていたら5%オフになるんですね。知らなかった。ちょっと得した気分。

ノート用ソフトには、GoodNotes5を購入しました。まだほとんど使ってないですが。

社労士の勉強は、一通り流しましたが、ほとんど使い物にならない知識なので、復習に使います。

従来から持っているiPad Air 2(16GB)は、買取に出すか、誰かにあげるか考え中です。お店開いたときのデジタルサイネージにでも使おうかなあ。

マイクロソフト Office 365 Soloのラインセンス削除とサポートの粋な計らい

MacBook Airに入れてあったOffice 365 Soloのライセンスが突然切れた

iMac Late 2013とMacBook Air(2018)にMS Office Mac版をインストールしています。ライセンスは、Office 365 Soloのサブスクリプションです。で、気づいたのが昨日なのですが、iMacの方のOfficeは問題ないのに、MacBook AirのOffice(実際には、Excel)を起動すると、「サブスクリプションが切れました」と画面上部に表示されました。Officeの再インストールをしても変わりません。昨日は、祝日だったので、マイクロソフトのサポートもお休みだったので、とりあえず営業日を待って電話してみました。マイクロソフトのサポートって、土日も対応してくれますが、祝日はお休みです。

ライセンス削除ツールを試す

原因は、不明ですが、マイクロソフトはライセンス削除ツールを用意しているので、それを実行するように指示されました。support.office.comの「Mac で Office のライセンス ファイルを削除する方法」のタイトルが付いているページにあるので、ググると出てきます。サポートの方は、簡単なURLを私に伝えてそこからページを辿りましたが。このライセンス削除ツールを実行した後、Officeのどれかを起動すると、ライセンス認証するようにダイアログが表示されます。そして、マイクロソフトアカウントでログインすると、あら不思議、今度は期限切れの表示のないExcelが起動できました。

サポートの嬉しい対応

どんな問題でも同じ対応してくれるとは限りませんが、今回の私のトラブルに対しては、私が1ヶ月ごとのサブスクリプション更新契約を行なっているので、1ヶ月分のサブスクリプションライセンスをマイクロソフトのサポートからもらいました。単純に、1,000円ちょっとの儲け(お詫び?)です。私の場合、少なくとも、今回はiMacかMacBook AirでOfficeが起動してくれていればよかったので、重大インシデントではありません。MacBook Airをどっかに持ち出してOfficeで作業するのであれば影響は大きかったでしょうが。ですので、個人的には嬉しいです。さすが、マイクロソフト。儲けているだけに、太っ腹じゃん。

この手の、サブスクリプションライセンスを無償で提供するというのは、他製品ですが、サブスクリプションを辞めるときに、窓口に連絡すると、「2ヶ月分無料にするので、延長してほしい」とか言われたことがあります(その時は、喜んで延長してしまった)。

Office 2019買い切り版の購入を先延ばし

Office 365も良いですが、私は、Office 2019の買い切り版が欲しくて個人向けに販売されるのを待っていたので、今回のサブスクリプションライセンスが切れたら、Office 2019を買うつもりでした。しかし、せっかくライセンスを延長してもらったので、Office 2019を買うのは先延ばしです。

予想外のiPad Air(第3世代)発売

iPadかと思ったらAirだった

iPad mini第5世代は多くの人が予想していたものでしたが、iPad無印ではなく、iPad Airが出るとは思っていなかったもので、びっくりです。

まず、私はiPad Air 2(16GB)の容量不足を解決したいので、iPad Air(3)の64GBは魅力なのですが、64GB Wi-Fiモデルで5万4800円(税別)は、うーん、と唸ってしまって、悩む値段です。

iPad Air(3)を私が購入するメリットとしては、

  • 16GBから64GBになる
  • CPUがA12 Bionicになる
  • Apple Pencil(第1世代)が使えるので絵が描ける

です。以前投稿しましたが、Apple Pencilの第1世代とiPad Pro用の第2世代では、大した違いはなく、第1世代でもiPad Pro(販売されなくなった一つ前のやつ)との組み合わせなら問題なく綺麗な絵が描けるそうなので、CPUが現行iPad Proに近いレベルになったiPad Airでも問題ないでしょう。ただ、気になるのはやっぱり値段です。iPadぐらいの価格なら買いなんですけどね。iPad Air 2売っても15,000円ぐらいにしかならないので、Apple Pencilも買うとすると、5万円近くの出費です。まだ、16GBのiPad Air 2で我慢できなくはないし、すぐにiPadで絵を描く必要もないし、MacBook Airを買ってから半年でこの出費は痛い。

といいながら、資格試験で結構出費しているんですけどね。

結論としては、様子見とします。アマゾンあたりで取り扱いされるようになったら考えますが。

Google Cloud Professional Cloud Architectのギフト到着

受験日から2週間もしないのにパーカーとステッカーが到着

Associateの時とは、ギフトの内容以外に、以下の点で違いました。

  • 到着が早い(Associateの時は3週間以上。梱包の問題?)
  • Associateのギフトにはマグカップがあったので箱詰めでしたが、今回はステッカーとパーカーなのでビニールの袋詰めでした
  • FedExのサイトでちゃんと日本到着まで追跡できました

FedExの追跡番号はメールで1回来ます。前回の追跡番号だとアメリカ国内到着で終わっていたのですが、今回はちゃんと高知市がDestinationになっていました。なので、関西空港近くの泉南市のファシリティで税関を通るまで追いかけられました。そのあとは、FedExのページではわからないので、FedEx Japanのサポートに電話して、日本での配送業者と追跡番号を教えてもらいました。すると、すでに配達中になっていたので少々慌てました。一応受け取るよう待機しました。

ギフト

FedExの袋から出した状態。汚れているように見えるかもしれませんが、光の加減です。中央のステッカーも袋の中にありました。
ステッカーです。あとで剥がすのに少し手間がかかりました。
パーカーの胸元の印。なんて書いてあるか読みづらいですが、光のせいです。部屋の明かりとかなら読めます。が、前のバージョンの文字列だけ書いてあるパーカーの方が認識しやすいです。「CLOUD ARCHITECT」のところが読めないかも。
ステッカーをMacBook Airに貼ってみました。MBAにはもともと傷防止に表面シールを貼っています。

パーカーのXLは米国サイズ

やはりといいますか、Cloud Architect Men’s HoodieのXLは米国サイズなので、日本のXLより大きいと感じます。もともと私は181cmあるし、最近太り気味なので、パーカーのサイズはちょっと大きめで余裕があって不満はありません。ジッパーはYKKでした。

今度Data Engineerの2回目を受験するときに、着て行こうかと思います。