新MacBook Air 13inch Retina LEDバックライトディスプレイ版到着

Appleらしい梱包

MacBook Air 8GBメモリ/128GB SSD Retinaモデルが届きました。高知ですと、配達は午後便になると佐川急便に聞いたので、午前中の入手はできませんでした。Apple Storeがあるところなら開店直後に手に入れたのにね。仕方ないので、午前中は他の溜まった用事を済ませました。

さて、梱包の段ボール箱は開けやすく、中から白い箱を出しやすく、白い箱のビニールは剥がしやすく、うーん、気を使ってますねえ。さすがApple。

箱の中は、MacBook Air本体、電源アダプタ、充電用USB Type-Cケーブル、説明書(家電リサイクルシールやAppleロゴシール込み)です。MacBook Air本体、電源アダプタ、充電用USB Type-Cケーブルを包んでいるフィルムや紙は破かなくても綺麗に取れるようになっていますので、今後売ることを考えて、大事にとっておきます。

電源を繋いだら即セットアップ開始。言語選択でしばらくほっといたら、「日本語で使用する場合にはリターンキーを押してください」と喋った。最近のってそうなのね。

MacBook Airにはカバーとフィルム必須

まず、誤ってディスプレイに触ったら指の跡が残りました。シリコンクロスでは消えなかったので、みずに濡らしたティッシュで拭いたら消えました。

本体ディスプレイの裏側には、電源ケーブルの跡が付きました。こっちは、ティッシュでは消えず、シリコンクロスで消えました。

うーん、なかなか敏感な製品です。なので、以前のMacBook Airで使用していた本体デコレーション用のシールが欲しくなってしまいました。いずれ発売されるでしょう。

Touch ID便利

通常ログインにはパスワードが必要ですが、スリープの解除はTouch IDで行えるので、楽ですね。Face IDだともっといいけど、まだそこまでは言いません。

13インチのディスプレイは、以前持っていたMacBook Air 11インチより、やっぱり大きいです。個人的には、11インチでも良かったです。

さて性能は?

SSDは、iMac Late 2013にUSB3.0で外付けしたSSDと比較して、読み込みはあまり変わりませんでしたが、書き込みは倍以上早いです。

しかし、まずXcodeのインストールに2時間ぐらいかかりました。またXcodeを起動して、プロジェクトを作ろうとすると、gitのリポジトリ作成以降がすごく遅くて、storyboardの表示まで延々待たされます。同時に他のプロセスを動かしてもそっちにスイッチしてくれません。Activity Monitorで見ようとしても、それ自体起動しない状態でした。動き始めたあと、メモリ使用量を見てみましたが、8GBのうち4GB程度でした。スワップはしていましたが。

あまりに遅いので強制終了してから再起動すると24GBのメモリを積んだiMacほどではないですが、十分な速さでXcodeが起動するようになりました。Simulatorも普通に起動します。遅いと感じたら再起動した方が良いでしょう。多分、初回は。2回目以降はキャッシュファイルを使ってくれそうだし。

キーボードは意外に打ちやすい

MacBook Proから新しくなったキーボード(ほこりが入りにくくなったはず)ですが、MacBook Airのキーボードは打ちやすいと思います。今、ブログをAirで書いてますが、打ち間違いは無いし、打音もいい感じにします。うるさくなく、静かでもなく。

090-7958-8689からのSMSは佐川急便からではありません

佐川急便の配送の荷物が届く日にSMSが届いたので信じてしまった

まず、SMSに書かれているURLにはアクセスしていませんのでご安心を。

本日佐川急便を通して荷物が届くので、SMSを信じてしまいました。電話番号に折り返してしまったので、即効で着信拒否に入れました。

SMSにはURLが書かれていますが、佐川急便のものではありません(このURLの真偽を確認したわけではないですが、正式な佐川急便のドメイン名とは明らかに異なります)。

なので、間違ってもブラウザでSMSに書かれているURLにアクセスしないでくださいね。

私は、佐川急便の営業所に確認して、偽物だと知りました。

ちょっとでも怪しいと思うSMSが届いたら、電話番号をGoogleで検索して偽物かどうか確認するなり、Googleなどで相手(今回なら佐川急便さん)の正式な電話番号を調べて連絡しましょう。

今日荷物が届く予定がなければ、完全無視のSMSでしたが、届く予定だったので失敗しました(情報漏洩か、単なる偶然か)。気をつけねば。

消費生活センターでは電話番号止められません

詐称している電話番号の情報わかるんだから、電話会社に言えば、SMS止められるんじゃね?と思って、一応、消費生活センターに聞いてみたのですが、そこまではやってないそうです。

消費者も佐川急便さんなども迷惑しているので、警察に頑張ってもらうしかないと思います。

「あまちゃん」再度一気視聴

やっぱり最近の朝ドラでは一番面白い「あまちゃん」

ここ最近あまりDVDレンタルしていなかったので、何か借りようかなと思ったところ、以前カナダ留学中にごにょごにょして、イッキ見したことのあるNHK2013年後期の朝ドラ「あまちゃん」を全13DVD借りて見ました。ツタヤで借りましたが、古い作品なので費用も高くないです。

2回ぐらいは見ないと良さがわからない

能年玲奈さんは、アキになっていたし、小泉今日子は強いし、宮藤官九郎のシナリオ最高だし。前髪クネ男は笑えるし。

面白さは2回目でさらに上昇します。

今だから気づいたのは、「わろてんか」などで最近ブレイク気味の徳永えりさんが、夏ばっぱの若い頃として出ていたんですね。歌もうまい(まさかの吹き替えじゃないよね)。

新型MacBook Airにも搭載のThunderBolt 3とUSB Type-C

MacBook Air注文する前にUSB Type-C to USB 3.1変換アダプタ買いました

新型MacBookが出るかどうか、またはスペックがはっきりしないうちに、噂を信じて、USB Type-CをUSB 3.1にするアダプタを買ってました。まだ、MacBook Airが届いていないので、ちゃんとUSB機器が動作するかわかりませんが、仕様上は大丈夫です。不良品だと困るけど。

初めてのUSB Type-CのPCが来るので、これまでのUSB 2.0や3.0の機器と接続するために必要です。

ちなみに、夜中にあったApple Special Eventでも、新型MacBook Airのコネクタは、ThunderBolt3 二つと紹介されていますが、ThunderBolt3はUSB Type-Cの一種なので問題ないはずです。

購入したのは、以下の製品です。

Oct/2018 Apple Special Event終了とAir注文

新型13インチMacBook Airを即買い

結局、出たばかりのMacBook Proを含め、MacBookおよびMacBook Airはそのまま継続販売です。Touch ID/Retinaディスプレイ搭載のMacBook Airが新登場です。「Airは無くなる」という噂は外れました。それはそれで良かったと思います。「Air」の名前は好き。早速、注文しました。まだ、Event終わっていないのに突然Apple Storeで買えるようになったので慌ててしまいました。でも、1週間後には納品予定でいけます。

既存のMacBook Airも継続販売です。なくなるかと思いました。

Mac miniもリニューアル

こちらは久しぶりのアップグレードなので、大きく性能が上がりました。ただ、お値段がそれなりに高いので、ディスプレイが別途必要ということを考えるとiMacのリニューアルを待ってもいいかもしれませんね。ただ、miniはiMacとは全く違う製品とも言えるので、余裕があれば欲しいかも。

私は、随分前に一時期miniを持っていました。当時はWindows機をメインに使っていたので、サブマシンでした。あの時のminiには遅さを感じましたが、今度の新型は大丈夫でしょう。

新しいiMacは無し

もしかして有るかもと言われていた、iMacの新型はなかったですね。

個人的には、MacBook Airと同時に買う余裕はないし、iMac Late 2013 27インチをUSB3.0経由のSSD起動に変えて性能に不満はないので、まだ待てます。2年ぐらいしたら、買い換えるかも。

旧MacBook Airを買取に出してから2ヶ月でようやく新機種を手に入れられる

8月末にAirを買い取ってもらってから、すでに2ヶ月。てっきり9月のSpecial Eventで発表すると思っていたので、Proを買ってしまおうかという衝動を抑えつつ、待ちに待ちました。いずれにしろちゃんと新機種のMacBookが発売されて良かったです。安堵。

新型MacBook 13インチがいよいよ発表か

新型MacBook(Air?)は13インチRetinaディスプレイとIntel製最新チップが実装されるかも

来週のApple Special Event向けのリークや情報がパラパラと出てきてますね。

MacBook(Air?)については、当初予想にあった$1,000ドル以下ではなく、$1,200ドルクラスの話も出てきてますが、こればっかりは蓋を開けてみないと。でも、14万円ぐらいで、最新スペック(とは言ってもチップはiCore第8世代でしょうが)と256GBのSSDと8GBのメモリがあれば私には及第点です。Proはすでに予算オーバーなので。

量販店で旧機種なら値切れる

以前も投稿したように思いますが、私が最近まで持っていたMacBook Air Early 2014は、Early 2015が発表されてから、大手家電量販店で値切って買ったものです。「不良在庫になるよりいいでしょ。」的な攻めで。店頭展示品じゃないですよ。ポイント還元のないところなので、まあそれぐらいしてもらってもバチ当たらないと思います。

価格COMで安値で出しているよく知らない店から買うのはちょっと怖いです。

いよいよ来週発表?販売開始はいつ?

今回は新型を購入するつもりです。Apple Special Eventが待ち遠しい。

Googleデジタルワークショップの「デジタルマーケティングの基礎」修了

無料のGoogleの教育で修了証も貰えるので始めたが

朝から始めて、途中テニスに行って、帰ってきてから夜中まで掛かって、最後の試験にも通りました。Googleなのでてっきり修了証は英文だろうと思って名前もローマ字で入れたんですが、和文でした。英文のが欲しければ、英語サイトのGoogle Garageの方をやらないといけないんでしょうねえ。Googleデジタルワークショップ デジタルマーケティング修了証

今日は別のことを勉強しなければならなかったのですが、予想以上に時間が掛かりました。講義のビデオは、1.5倍速で見ましたが。

基礎レベルですが、いくつか知らないマーケティングツールがあることを知ったので、それは良かったと思います。

USBメモリタイプのWindows10は箱が小さかった

USBメモリだけに小さいのね

ライセンスキーの書かれたカードが入っていたので、そのキーでライセンス認証は終了。USBメモリは出したが、そのまま箱に戻した。一見USBメモリに見えない。

この箱の大きさだとDVDメディアは入らないです。USBメモリ専用ならもう少し小さくても良いかも。

今の所、リモートデスクトップを使う予定がないので、Homeのまま。必要があったら、Proにアップグレードするかも。

iMacの内蔵ディスクを全部Windows10にした

macOSを外付SSDに移動したので、内蔵HDDを全部Windows 10に

まだ、USB版で購入したWindows 10 Homeは届いてないのですが、後からライセンス認証はできるので、先にWindows 10 Homeを内蔵HDDに入れました。

久しぶりのBootCamp

昔、MacBook Proを使っていた時に、Mac OS XとWindows 7を二つの内蔵HDDに入れていました。ちなみに内蔵DVDドライブを外してHDDに入れ替えていました。なので、Mac OS XとWindows 7のディスクを分けていました。

今回も似ています。外付SSDにmacOS、内蔵HDDにWindows 10です。

まず、32GBのUSBメモリスティックを用意します。FAT32でフォーマットします。マイクロソフトの日本のサイトからWindows 10 64ビットのISOファイルをダウンロードします。Boot Campアシスタントを使用して、このUSBメモリにISOファイルをコピーします。その他BootCampに必要なファイルもダウンロードされてUSBメモリに入ったようです。

一旦シャットダウンします。念のため、外付SSDを外しておきます。Optionキーを押しながら再起動しました。起動ディスクの選択画面でEFIのディスクの絵を選びます。するとWindows 10のインストール画面が表示されます。内蔵SSDのパーティションですが、先頭にあるEFIのパーティションは消してはダメかな?(OSが起動できなくなる?)と思い、macOSの入っているパーティションを削除しました。Windows10のインストール途中で、マイクロソフトアカウントの入力を求められたので、パスワードを探していたら、ディスプレイがパワーセーブして、画面を戻そうとキーを触っても何も表示されず困ってしまいました。しかし、色々触っていたら元の画面に戻りました。その後は、問題なく、インストールできました。内蔵HDDに入れてあったmacOS mojaveはめちゃめちゃ遅くなってましたが、新しく入れたWindows 10はサクサクでした。とりあえず、OSのアップデートとセキュリティ対策ソフトをインストールしました。

MacのPRAMクリアしても起動が遅い

macOSもWindows10もどちらも起動が遅いです。2分ぐらい画面が暗いまま待ち状態が続きます。PRAMをクリアしてもダメでした。起動してからはめちゃ早いのに。謎です。

とりあえずデスクトップのWindows10ができたのでラップトップは不要

WindowsのノートPCを買おうかなとも思ったのですが、とりあえずこれで問題なしです。お安く仕上がりました。

WebサーバのレスポンスヘッダのWebサーバ情報は必要か?

レスポンスヘッダにはServer:サーバ名/バージョンが付いています

私のブログの環境は、Webサーバ(実際にはリバースプロキシ)として、nginxを使用していると投稿に書いているし、それほど気にしていないのですが、ハッキングする場合にはこの情報が使われるかもしれません。

なので、セキュリティを重視する企業では、Webサーバやアプリケーションサーバを特定できる情報をレスポンスヘッダに含めないようにします。特定のWebサーバなどのバージョンに脆弱性があるのであれば、狙われる対象になりますから。

日々の情報を発信!