ドラッグストアmacでのキャッシュレス還元はまだ不完全

macのお店でもWebでも通知されていますが、キャッシュレス還元のためにPayPayとJCBが使えません。macはTポイントが付くお店なのでいつもTポイント対応のJCBカードを出してTポイントの取得と決済を一気にやってもらっていました。が、キャッシュレス還元がmacの当初の想定どおりになる予定の11月までは、Tポイントのカードでポイントを取得して、決済は別に持っているVISAカードでやってます。ちょっとだけ手間です。PayPay使えるとスマホだけ持っていけばいいので楽なのに。

あと、10月になってから、クレジットカードでの決済の方法が変わって時間がかかるようになりました。これまでは、POS端末に一発通せば良かったのに、金額を入力する端末と、カードを挿入するよくある端末に分かれていて、店員さんも大変です。

macは一番近いドラッグストアなので、他のところには行きませんけど、早く改善して欲しいなあ。

LinkedInラーニングが簡単で良い

LinkedInを使用していると、時々「プレミアムにしませんか?」のお誘いがきます。結構無視していましたが、1ヶ月の無料期間があるので、その期間だけ使うことにしました。

LinkedInでプレミアムにするとき、1番のメリットは転職先探しの時なんでしょうけど、私が思ったのはLinkedInが提供するEラーニングです。古すぎて使えないコースもありますが、無料でそれなりのボリュームがあるし、説明がわかりやすくて良いです。

試しに今は昔っから大っ嫌いだったC++の勉強してみてます。

ipythonとjupyterをmacOSにインストール

案外困ってしまうPython2と3の競合

素直にHomebrewでipythonをインストールしようとすると、OSに元々入っているPython2と後でbrewで入れたPython3がごっちゃになって、ipythonのインストール時にPython2を見に行ってエラーになっていた。なので、jupyterがちゃんと動くまでをメモとして残しておきます。

  575  brew install python3

  576  brew install pyenv

  578  brew cleanup

  579  sudo brew cleanup

  580  sudo brew cleanup

  581  brew cleanup

  582  brew -h

  583  brew update

  585  brew upgrade 

  586  brew install pyenv

  587  pyenv versions

  590  python3 -v

  591  pyenv global 3.7.4

  592  pyenv install 3.7.4

  593  pyenv versions

  594  which python 

  595  pip install ipython

  596  source ~/.bash_profile

  597  pip install ipython

  598  pip3 install --upgrade setuptools

  599  pip3 install --upgrade pip

  600  pip install ipython

  601  pip install jupyter

  605  mkdir ~/Documents/work/jupyter-notebook

  606  jupyter notebook --notebook-dir=~/Documents/work/jupyter-notebook

iMacをCatalinaにしたがSidecar対象外だった

iMac late 2013はもう古い??

すぐにCatalinaにするつもりはなかったのですが、思い切ってやっちゃいました。

動かなかったアプリは、ブラウザーの複合機用のものでした。これは10月央にはアップデートが提供されるらしいので良いでしょう。

Sidecarができない!

MacBook Air 2018は問題なくできたので、iMac Late 2013もできるだろうとタカを括っていましたら、なんとサポート対象外でした。

macOSをUSB3.0の外付SSDに移して快適に使えているので、お古のマシンに分類されているとは寂しい限りです。

まあ、MBAで使えるので、そんなに困りませんし、元々iMacはデュアルディスプレイにしてあるのでいいんですけど、Apple Pencilで絵が書けないのが寂しいです。せっかく27インチのデカい画面なのに。。。

macOS CatalinaのSidecarは最高

これを待ってました

Catalinaの配布が日本では10月8日から開始されてます。初期リリースをメインマシンのiMacに入れるのは怖いので、サブマシンのMacBook Air 2018に入れてみました。

雰囲気は、Mojaveと変わらないのですけど、なんと言っても一番の目的は、iPadと連動させたSidecarです。連動できるiPadには条件があるので、ご注意を。私の持っているiPad Pro+Apple Pencil2は全く問題なし。最初、iPad Proの全画面にMBAの画面が表示されなかったので焦りましたが、設定をいじっていたら、全画面になりました。

やっぱり便利、MacアプリにApple Pencilで書ける

これまでMacのマウスで書いていた絵が、iPadのApple Pencilでかけるのはいいです。MS Office系は、iPadにもあるので、有用性は低いですが、Macにしかないソフトなら、iPadでお絵かきできるので最高です。

試しに動画をMBA上で再生させて、SidecarでiPadにフル画面表示しましたがスムーズに見ることができました。オーディオがMBAにあるので、画面はiPad、音声はMBAという変な形になるのであまり有用ではなかったですが。オーディオもSidecarしたら凄いだろうなあ。

Google Cloud ConsoleのCloud Shellの動作不正

お気に入りのGoogle CloudだがCloud Shellだけはいただけない

Amazon Web Services(AWS)も使っていますが、今のところGoogle Cloud Platform(GCP)の方が好きです。ストリーム番組のCloud On Airが緩くて好きなのと、Solutions Architect Professional資格まで取ったからですが。

ただ、Google Cloud Consoleの中で使用するCloud Shellは、イマイチです。問題は、行の最初の一文字を入力すると二文字エコーバックされる。そのあとは問題ありません。

ブラウザとフォントを変えて試したところ以下のようになりました。クライアントOSは、macOS Mojaveです。

  • Safari :   font default : NG
        Courier New: NG
  • Chrome: font default : NG
        Courier New: NG
  • FireFox: font default : NG
        Courier New: OK
 
FireFoxでCourier Newを使った時だけ、問題が起きませんでした。
とは行っても、基本Safariを使いたいので、Google Cloudには何とかして欲しいです。一応、Supportには連絡済みです。
 
macOSからSSH経由で操作することもできますけど、それはそれで面倒なんですようね。

本日のテニスレッスンメモ(2019/10/3) なんとコート水没で中止

以前にもあったみたい

別の曜日で以前水浸しになったという話を聞いたことがありますが、私のレッスン時間にヒットするとは。。

チャリで頑張って行ってみたら、高知市大雨のため、テニススクールのオムニのインドアコートが冠水して、コーチから「中止!」と言われてしまいました。「事前に連絡して!」って一応言っておきましたが、当日決めたようなので無理でしょう。(自動発信のSMSサービスを使えばいいのに。。)

スクールの近くの一車線ぐらいの道はレインシューズがズッポリ水浸しになるぐらい冠水していました。近辺は側溝があり冠水して見えないので落ちたら危険なため、行きも帰りも道の真ん中をゆっくり走りました。

高知市中心部の鏡川は、河川敷が完全に水没してました。氾濫するほどでは無いようです。まあ、台風がよく来る高知ではよくあることなので。

振替しておけばよかったかな

今日大雨の予報だったので、昨日のうちに他の曜日に今日の分を振り替えておけばよかったのですが、「まあ、根性で行ってみよう!」と思って行ってみたら、中止。。他の曜日に振替してとのこと。私としては今月最終週の第5木曜日がもともと休みなので、そこの休みと振り替えてほしい。。

本日のテニスレッスンメモ(2019/9/26) 今週もできる女性が参加

振替だと思いますが、初めて会う女性がレッスンに参加されました。ストロークやボレーは特に普通かなという感じでしたが、安定感があります。女性同士なら普通に打ち合いができていました。

すごいのはサーブです。練習試合で2回サービスを受けたのですが、速いのと曲がるのがあってびっくりしました。こっちのポジションは、ベースライン内でも間に合いますが。結果からすると、速いサーブには80%ぐらいの力のフォアフラットでエースを取りました。ネットにちょっとかすったのもありますが、センターに返せたので、相手はスルーでした。

もう1球は、速いしスライスが掛かっていたので、虚を突かれましたが、守備範囲ではあったので、速いストレートで前衛の横を抜きました。狙ってたわけではなく、そこしかタイミング的に返せなかったので仕方なくという感じです。

女性陣は基本的にポーチには出ないので、ディースサイドでスライスが掛かったサービスをリターンするときに、クロスに返しても問題ないのですが、球が速かったのでちょっと無理でした。しかし、もう見切ったので、次回は少し後ろにポジションをとって、スライスでも、ショートクロスに返したいと思います。

iPhone XにiOS13.1を入れたらメールが読めなくなった

アカウントの再設定で回避

朝iOS13から13.1にアップデートを掛けてみました。すぐには気づかなかったのですが(途中テニスに行っていたので)、戻ってきてメール見ようとするといくつか設定してあるメールアカウントのうち、so-netだけ読めなくなっていました。

理由はよくわかりませんが、「設定」→「パスワードとアカウント」でso-netのアカウントを選択し、「詳細」の画面で、「認証」で適切なものを選択し、「完了」を実施すると復活しました。

新しいOSはやっぱり不安定です。macOS Catalinaも間も無くリリースされるようですが、怖いのでまずはMacBook Airに入れて様子を見て、iMacにインストールです。もちろん怖いので、TimeMachineでバックアップしなきゃ。

本日のテニスレッスンメモ(2019/9/19) 今週はできる女性が参加

木曜日は基本的にゆるいんですが

振替だと思いますが、初対面の女性が本日は参加されていました。その方は、ダブルバックハンドが非常に強烈です。私が打ち合うことはなかったのですが、ビシビシ、リターンが返ってくるのでびっくりです。

練習試合では緩和と緊張で

先の女性とダブルスのペアにならないようにじゃんけんでペアを組んで練習試合です。最初の私のサービスのゲームでは、入れるサーブにこだわりました。練習なので、打ち合おうという姿勢です。コート中央ぐらいからスライスロブを打つとオーバーしてしまいます。ベースライン付近とちゃんと区別した方が良いです。あと、毎回ですが、サービスリターンをスピンで返した時、ほとんど前衛の位置に飛んじゃいます。気分は、もっと後ろを狙っているんですが、スピンをかけることに注力しちゃって、前に押し出す力が弱いわけです。いい加減に直さないと。まあ、スピンがかかっているので、前衛がボレーミスしてくれたりするんですけどね。

2回目のサービスからは、試合モードで打ってみました。ファーストサービスはフラットで、セカンドサービスはスライスかスピンで打ちました。ファーストサービスは、スピードよりコースを意識して打ったので、エース級でした。

完全なる凡ミス

相手のリターンがネットギリギリを通過した時、なんでか打ち返す気にならないんです。多分、ネットすると完全に思い込んでいたのだと思います。弾道低いので打ちづらいですが返せないものではないので、どんなボールでも返しに行くという気持ちは維持しなければなりません。

難しいペアのパートナーのカバー

パートナーがそれほど上手な人でないとカバーしなければならないのですが、それも限界があります。練習試合で、いつものようにショートクロスを打って来られたのですが、私の方では無く、パートナーの側に打たれたので、前にいた私が横移動して打とうとしましたが、追いつけず。あまり早く移動すると、今度は私が抜けたスペースにストレートを打たれるので、相手がショートクロスに返す角度にラケットが向いていることを確認したらすぐに移動開始してボレーかショートバウンドで返さないといけません。今度試してみます。

日々の情報を発信!