カテゴリー別アーカイブ: 登録販売者試験

登録販売者の登録削除申請は普通行いません

ドラッグストアよどやを辞めました

登録販売者(研修中)で、パートの仕事をしていた高知のドラッグストアのよどやを、施行期間の2ヶ月満了時点で辞めました。

理由は、内情に触れるので書かないでおきます。

登録販売者の登録削除申請は不要です

パート辞めて、登録販売者の仕事をしなくなったので、登録販売者削除申請書を県に提出する必要があると思い、県の販売従事登録削除申請書を持って行きました。しかし、担当の方によると、「亡くなりでもしない限り、販売従事登録削除申請書は出さなくても良いです。」とのこと。今度またどこかで登録販売者として働き始めたとしても同じ従事登録が有効なのだそうです。これは県が変わってもOKとのこと。

あと、働き場所のハシゴはできるものだと思っていましたが、担当の方曰く「基本的に一箇所です」とのこと。つまり、一つの薬を扱う事業所で2年働かないといけないということです。

研修中に、途中ブランクがあっても良いですが、会社が変わってはダメ。

それって2年経つ前になんかで退職したら勿体なさすぎじゃん。というより、半年ぐらい働いたら、2年は務めるまで頑張らないとダメってことです。

登録販売者のシステムって嫌い

文句を書かせてもらうと、

・2年は長い
・事業所のハシゴができないは変
・ドラッグストアなど医薬以外の商品を扱っているところでは、登録販売者でも月80時間以上医薬の仕事をしているとは限らない

というところです。

登録販売者の「業務従事証明書」の「業務内容」について

全部にチェックが入っていなければなりません

少なくとも高知県の場合ですが、確認しました。

業務従事証明書には、業務内容として

  • 主に一般用医薬品の販売等の直接の業務
  • 一般用医薬品の販売時の情報提供業務
  • 一般用医薬品に関する相談対応業務
  • 一般用医薬品の販売制度の内容等の説明業務
  • 一般用医薬品の管理や貯蔵に関する業務
  • 一般用医薬品の陳列や広告に関する業務

があげられています。(参照先:http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/132101/2015120100248.html)

これらには、全てチェックが入っている必要があります。つまり、1ヶ月80時間以上、上記の6項目を行っている必要があります。どれか一つでも欠けていてはいけません。

 

登録販売者試験勉強法

登録販売者試験はこうやって勉強する

合格するまでは書いちゃいけないと思い、合格発表まで待ってました。

登録販売者試験は、私がさんざ受けてきたIT系試験や英語試験(TOEICとかTOEFL)とは全然異なる勉強法が必要です。

120点中111点も取ってしまった私が言うのはなんか変なんですが、合格のポイントは取捨選択です。 84点取れば良いので、「試験問題の作成に関する手引き」を完全に覚える必要はありません。

私のやったこと

まず、テキストとなる本を買います。私は、ネットパイロティングさんの対策テキストと、

を使いました。まず、堀さんのを読みながらポイントをノートに書きます。これで絶対知っておかなければならないところをまず抑えます。

続いて、ネットパイロティングさんのテキストを読みながら、今度はノートを取らずに、テキストに自分なりの覚え方などを書き込みます。

勉強する中で

・生薬は捨てる
・添付文書の「してはいけないこと」「相談すること」は捨てる

ただし、

・生薬については、生薬名と起源がわかりやすいものは常識として知っておきます。例えば、レンギョウがレンギョウの果実からできているぐらい。

漢方薬については、「適応」の中で、このキーワードがあればこの漢方薬だと言うのを見つけておく。例えば、水太りなら防已黄耆湯とか。その上で、ごろ合わせを自分で作って覚えます。

さらに漢方薬の名前の後ろに、「カ」「マ」「ダ」をつけて覚えます。これらは、カンゾウ、マオウ、ダイオウのこと。名前にくっつけて覚えることによりこの三大生薬が入っているかどうかすぐわかります。

かぜ薬の各成分(解熱鎮痛成分とか)と成分名(アスピリンとか)を全部覚える。生薬は不要。
この時、成分名を全部覚えるのは大変なので簡略化して覚えます。例えば、抗炎症成分の場合、主な成分はリゾチーム塩酸塩、セミアルカリプロティナーゼ、ブロメライン、トラネキサム酸、グリチルリチン酸二カリウムですが、「リゾ、セミ、ブロ、トラ、グリ」で私は覚えました。

コデイン類、カフェイン類は、みんな成分同じなので個別の名前は覚えません。

「リン」が最後についている成分は、アドレナリン作動成分の働きを持つ。参考までに私の暗記用ノートの1ページです。

あとは、頻出問題を覚える。

最後に、ネットパイロティングさんのWebサイトなどを使って過去問をやりまくる。間違った問題については専用のノートを用意し、その内容を書き残します。

 

登録販売者試験合格(四国ブロック)

高知県のホームページで10時から公開

合格者番号一覧に受験番号ありました。自己採点でわかってましたが、改めて感慨深いです。

合格率は103/307=34%でした。昨年の35.6%と大して変わらないですね。

不適切問題が、120問中2問あり、全員正解の措置が取られました。

登録販売者試験受験者にオススメの本「新しい人体の教科書」

試験の第2章の理解が深まりますよ

登録販売者試験の第2章は「人体の働きと医薬品」です。その中の人体について次の本を読むと詳しくなれます。詳しくなりすぎるほどですので、あまり考え込まないで、そんなものかという気持ちと、登録販売者試験テキストの内容と比較して読むと理解が深まるということです。コラム読んでいるだけでも面白いです。

アマゾンのkindleだと一つになってました。

個人的には、上下巻を紙の本で読んだ方が良いと思いました。

登録販売者試験を受けて

いい感じに合格ラインは超えたようです

本日、登録販売者を受験して来ました。

ネットパイロティングさんがWeb上に早速四国ブロックの解答速報を出してくれたので、自己採点しました。

Excelに自分の解答した番号を章ごとに縦に入力して、解答速報を章ごとにその横にコピペして、目視であっているかどうか確認しました。

まだ、解答速報なので正式スコアではないですが、111/120と言う、模擬試験でも出したことが無いハイスコアなのでびっくりです。章ごとの足切りにも引っかからないです。

高知は貧乏だからマークシートではないのか?

当初予定の会場は、1箇所でしたが、受験生が多かったのでしょう、別の場所にも会場が用意されました。ただ、当初予定の会場が第2会場なのが解せないですが。

私が受験した高知県では、解答はマークシートではなく、数字を手書きです。ちゃんと試験官が数字を正しく読んでくれるかが心配。まあ、1から5しかないので間違えにくいですが。まさかコンピュータの文字認識機能を使うなんて恐ろしいことはしないでしょうね。

試験問題の持ち帰りが独特

他県でもそうかもしれませんが、大学入試とか異なり、試験問題の持ち帰りの仕方が独特でした。

午前の試験問題は、午前の試験終了後回収されます。午後の試験問題は、途中で退出せずに最後まで受験した人は回収されません。午後の試験で途中退出した人は、多分試験問題もらえなかったと思います(間違っているかも)。午後の試験終了後、希望者は午前の試験問題を返してくれます。もちろん私は自己採点しないといけないので、午後(午前も)の試験は最後まで残って、午前、午後試験問題とも持ち帰りました。

合格発表はまだまだ先

12月1日なんです。マークシート方式にすればもっと早かろうにと思いました。

登録販売者になるのかどうかはまだ決めてませんが、少なくとも合格発表までは、1ヶ月休んだテニスの再開と、本業のスマホアプリ開発に戻ってiPhone X用のアプリをリリースしたいと思います。

衆議院選挙があるって?

登録販売者試験の邪魔するんじゃねえぞ

高知の登録販売者試験は、10月24日です。報道を見ると22日選挙っぽいですが、24日以降だったら試験日に選挙カーが通るとうるさいので迷惑です。ただでさえ、追い込みの勉強中に選挙カー通るんだろうし。

今んところ全く選挙の争点がわからんです。小池新党が足場を固める前に選挙しちゃえってか?迷惑千万!なんかまともな争点があるのであれば我慢できなくはないですけど。

勉強に使用している図書

オススメ?

まだ受験したことがないので、過去問を解いた範囲で有効な資料となっと図書を紹介します。

 

正規版は売り切れちゃったみたいですね。この本は、A4サイズで本もDVDもボリュームたっぷりですが、厚労省の「試験問題の作成に関する手引き」が左ページに、ポイントを右ページに書いてあるので、非常に勉強しやすいです。正直ポイントを抑えるだけではなく、ちゃんと「手引き」と対比するべきでしょう。一度は「手引き」を読んでおいた方が良いだろうという考えもあります。

 

「手引き」の内容をうまくまとめています。過去問で出題されたところをポイントに解説されています。ただ、どう考えても7日間では終わりません。私は20日かかりました。

 

まだ、全く手をつけてませんが、前書と同じ著者の書籍です。ポイントは、「手引き」改定前の問題については、ちゃんと改訂している点、解答の解説がちゃんと書かれていることです。

某ヒューマンなんちゃらの講座も受けているのですが、その過去問は改訂されていません。不合格なら返金されるシステムですが、合格しちゃったら、大損です。一応、理解力確認テストは、提出しましたが、テキストやDVDは全く使ってません。

 

先の本だけでも良さそうですが、念のため買いました。より短い単位でチャレンジ問題が出されているので、記憶に残りやすいと思います。語呂合わせで記憶する方法も書かれていますが、大した数はないので、参考程度でしょう。それより過去問が無いので、純粋なテキストとして、隙間時間に読むようにしています。

高知県での登録販売者試験申込

速攻で雨の合間をついて申込

本日から受付開始です。受験案内もらったところと同じところに提出するだけなので、簡単。朝急に雨が降り始めましたが、降り止んだのを見計らって、高知県庁に行って提出して来ました。

写真はピクチャンのコンビニ証明写真

なんと200円という安さでしたので、こっちを選びました。いわゆる法的な証明写真だったらもっとちゃんとしたスタジオで1,600円ぐらい掛けてとりますが、登録販売者試験の場合、「写真」とだけ言われているので、自撮りでピクチャンのサイトに画像をアップし、サイズと顔の配置を調整して登録し、そこいらのコンビニのほとんどのプリントサービスマシンで印刷できるので、とっとと取って来ました。自撮りなので、プロが取った証明写真に比べれば全然かっこ悪いですが気にしません。あと背景が黒の壁になったんですが、県庁の職員はとりあえず受け取ってくれたので、気にしないのでしょう。顔はちゃんと写ってますので。

登録販売者試験受験案内(申込書を含む)を入手

初めて高知県庁に入りました

高知市役所は何かと用事があるので、なんども行きましたが、県庁は初めてです。自転車で行きましたが、敷地内に十分な広さの駐輪場もあります。バイクも止められます。

登録販売者を管轄する高知県 健康政策部 医事薬務課は、四階の東側奥です。他の部署と一緒になっているので、わかりづらいですが、来客用の机と呼び鈴があるので、呼び鈴を押せば誰か来てくれます。

登録販売者試験受験案内は、WebでPDFが公開されているので、印刷してもいいんですが、紙代もったいないし、郵送ではなく持ち込みする(切手代が勿体無い)つもりなので、県庁に取りに行った次第です。

受験には、高知県収入証紙が必要ですが、県庁内に四国銀行が入っていてそこで買えます。実はその前に四国銀行の近所の支店に行ったのですが、「この支店では取り扱ってません。」と言われてしまいました。

しかし、登録販売者試験の受験料15,000円は高いですね。落ちると勿体無いので、頑張って勉強しなければ。