カテゴリー別アーカイブ: 原付二種

NMAX125が戻ってきた

エンジン取っ替え

ヤマハでは、購入後2年間の無償修理期間が有ります。まだ1年ちょっとのタイミングで、調整(実際には修理?)に出していましたが、10日程度で戻ってきました。

信号待ちからスタートしようとするとエンストする問題で、結局、エンジンのピストンの呼吸器にカスが挟まったのではないかあということでした。エンジンを組み合わせるときに、部品を締め過ぎていた可能性があるそうです。海外で生産されているので、そういう場合があるとのこと(日本で生産してもあるんじゃないかなあ)。他の可能性としては、電気系統ですが、そちらは不明のため、現状で走ってみて、再びエンストするようだったら、そっちも調整することになりました。

エンジンそう取っ替えぐらいらしいので、まずは慣らし運転から走ってほしいとお店の人に言われました。あまり、ぶっ飛ばさないように、あとあまり短距離ばかり走らないようにします。買い物用で短距離馬ばかり走っていると、ちょっと走って、エンジン止めるということを繰り返して、エンジン不調になることがあるそうです。たまに慣らし運転が終わったら、海沿いでも走るかな。

N-MAX125がドック入り

1年でエンスト4回

スクーターのくせに、エンジンかかって信号待ちしていて、さあ走ろうと思ってアクセル触るとスコンとエンスト起こしてました。

1000km点検の時に、2年までであれば無償で修理できるということだったので、N-MAXに乗らなくてもチャリでなんとかしのげる時期になってから、販売店に持って行きました。そこで、点検もしてもらえます。

あれ?バイクに代車ってあるんだ

お店の人が、「代車をお貸しします」と言うので驚きました。自動車ならともかく、バイクにも代車のサービスってあるんですね。

自転車があれば特にバイクをすぐに必要とすることがないし、いざとなれば家族の車を借りるし、慣れないバイクに乗るのが嫌だったので、代車は断りました。お店まで歩いていける距離ですし。

さてどれぐらいで戻ってくるでしょう?

一応最初は、一週間から10日ぐらいとお店の人は言っていましたが、3月は繁忙期なので、もう少しかかるかもしれません。

本日2月12日:高知市街地で積雪!おまけにバイクで通勤!

朝窓を開けるとご近所の家の屋根は真っ白

目を疑いました。前日まで、全く、高知市で雪の予想が出ていなかったものですから。朝起きて、天気予報を確認すると夜中から朝方まで雪マークが付いているではないですか。

あるところでパートタイムのダブルワークしているので朝の出勤が怖い。。

建国記念の日の振替休日でしたが、出勤日で定時の8:30には業務開始のところです。職場が、これがまた自宅から9kmもあるところです。

一応自宅の外の道は濡れているものの、雪は溶けていたので、不安ながらマイバイクのNMAX125で発車です。ノーマルタイヤです。普段より15分早めに出発しました。間にある坂道は結構車が通るし、整備されているので滑りませんでした。トンネル区間が結構あるのでそれに助けられた点もあります。

しかし、職場に近づくとともに山沿いに入って行くので、タイヤが横滑りし始めました。古い道路なので、アスファルトの性質でしょう。と、気がつくと、対向車線で、ワンボックスの車がガードレールに衝突して、半壊していました。ちらっと見た限り、電話で話している人もいたし、慌てふためいている人はいなかったので、けが人は無かったのではと思います。

さらに走ると、今度は前を走っていたミニバイク(多分、誘導係の警備会社の人)が滑って転びました。それを見て、私はさらに慎重に運転するようにしました。確かに路面が凍っているような感じでした。

タイヤが多少横滑りしながらも、なんとか勤務先にたどり着きました。

今度降るなら勤務が休みの日にして欲しいと、甘い期待を持った次第です。

桂浜トンネルでヘルメットのシールドが真っ白に

当日雨が降ったせいです

昨日のこと。朝、桂浜トンネルを原二のNMAXで通ったときは、雨が降っていましたが、毎度寒い朝と同じく、シールドが私の息や体温で内部が白くなるぐらいで、拭けばまあ見える状態でした。

が、雨の止んだ夕方に桂浜トンネルをNMAXで走った時、トンネルに入った瞬間にシールドが真っ白になり、視界がほとんどゼロ状態になりました。

以前に車で走った時にも同じようにフロントガラスが急に真っ白になったことがあり、その時は、ワイパーを動かせばくもりは取れました。

トンネル内なのでめちゃ危ないのですが、左シグナルを点滅させて、壁近くにNMAXを止めました。バイクのシールドを手で拭いてみたのですが、表と裏の両方拭いてもくもりが消えません。

仕方ないので、シールドを上げて、走行することにしました。

メガネはなんとかくもりませんでしたが、寒い風が吹き付ける(トンネル内はまだ外より暖かいですけど)ので、涙が出っぱなしでした。

今度、バイクパーツ屋さんに、曇り止め買いに行きます。

筆山トンネルは、こんな現象は起きないのですが、ながーい桂浜トンネルでは起きます。桂浜トンネルは片側1車線なので、入る時には、後ろの車がいたら先に行かせて、あとから入るようにします。

寒い日も安心 バイクにオススメオーバーパンツ

冬の寒ーい日でも、足は全く寒くない

 

今更ながらですが、冬の寒い日の朝は南国高知でも寒いのです。朝通勤時にこの前は気温0度でした。しかし、NANKAIのオールウェザーオーバーパンツで暖かく走行できます。125ccバイクなので60Km出すことがありますが、大丈夫。

サイズは、XLです。私は普段下着やタイツはL、パンツはXLで少し余裕を持たせてます。オーバーパンツもXLで丁度でした。おそらくもともとNANKAIさんの方で余裕を持たせているのでしょう。なので、普段着サイズで買えば、重ね着にも余裕があると思います。

ちなみにオーバーパンツの下は、ユニクロのヒートテックタイツと仕事用の薄目のジャージ見たいなパンツです。

一番寒いのは手

GoldwinのDryMasterの手袋してるんですけど、かじかみます。

eHEAT版を変えばよかったと今は後悔しています。来年になったら買い換えます。

今更ながら買っといてよかったRSタイチ DRYMASTER

冬場の寒さ対策

春夏秋までは通常、近距離ライディングはスニーカーを履いていましたが、冬場の朝は耐えられません。その点、RS TAICHIのブーツは良いです。特にRSS006は、ワイヤーレースをワンタッチのリースで締め付けられるので、寒い玄関でオタオタせずにきっちり履けるので良いです。脱ぐのもリースを引っ張るだけでワイヤーが緩むので楽です。足首まで隠れて暖かいですし。冬用オーバーパンツとのペアで下半身はカバーしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

☆【RS TAICHI】RSS006 DRYMASTER BOA ライディングシューズ ライディングブーツ ライディングシューズ  ショートブーツ 靴 RSタイチ アールエスタイチ【バイク用品】
価格:16500円(税込、送料無料) (2018/1/7時点)

 

コミネ バイク用ハンドルカバー ネオプレンハンドルウォーマーがNMAXで使えない!

 汎用品なので使えない車種があります

 

愛車NMAX125に使えませんでした。NMAXはハンドル部の内側が太いのでハマりません。ケーブルとかもありますし。

それほど高い製品ではないですが、みなさんご注意ください。

と言うわけで、私はウィンターグローブを使い続けます。

雨中での原二走行

初めて介護アカデミーまで雨の中バイクで往復して見ました

これまでは私の愛するNMAX125を雨に晒したくなかったので、距離あるところに外出する時には、市内電車を使っていました。

しかし、市内電車料金は往復400円もするし、NMAXも買ってから3ヶ月経つので、そろそろ雨に濡らしてもそのあとメンテすれば良いかと思い、走りました。

まず、面倒なのが靴です。介護職員初任者研修の実技を今やっているのですが、軽装である必要があるので、防水ライディングシューズなんて硬いものはNGです。なので走行時にはライディングシューズ、学校ではランニングシューズに履き替えなければなりません(いつもはランニングシューズで介護アカデミーまで行ってます)。

次に、レインウェアです。事前にバイク用を購入してありサイズもちょうどで、雨も完全シャットアウトできました。バイクで雨中を走る場合、雨が入るのは首からが想定されますが、ちゃんとマジックテープで絞れるので、雨が入ることはありません。

介護アカデミーに着いたら、喫煙スペース(私は吸いませんが)のベンチにレインウェア、ライディングシューズ、ヘルメット、グローブを置いておきます。

あれ、こんなところに空気取り入れ口が

私のヘルメットは、ヤマハのY’s GearブランドのSF-7です。サイトで被っているモデルさんが可愛いので即決しました。

で、これって旧版より耐水性を強化してあるのは知っていたのですが、上部に空気取り入れ口があるのに上記の雨の日に気づきました。二箇所あって、一箇所はカバーでしまっていましたが、一箇所は開いていました。まあ、そんなに大雨ではなかったので空気取り入れ口から雨がガンガン入り込むことはなかったです。全然気づきませんでしたし。晴れの日は、空気取り入れ口は開けて、雨の日は閉じましょう。

道路の状況は悪くないが、やっぱり雨中走行は怖い

介護アカデミーまでの区間はほとんど幹線道路を通るので、舗装状況は悪くないです。スリップするほどではありません。ただし、以下の点は注意しました。

  • マンホールの上は走らない
  • 横断歩道や路側帯の白線を通る時はスピードを落とす
  • 制限速度で走る
  • 信号で止まった時には、グローブの人差し指についているゴム製の水落としでヘルメットのフェイス部分についた雨を履く
  • 市内電車の線路を渡る時には、ボディをできるだけ傾けない

これから、梅雨に入ればまだまだ雨中走行することはあるでしょうから、今後も注意して走ります。

 

バイク用プロテクターのニーガードを購入

バイク用のプロテクターでは膝用も重要

テニスをやっていて転んで膝を擦りむいて1ヶ月休む羽目になったことのある私としては、バイクの膝用のプロテクターは重要なギアの一つです。今までは、ジーンズ履いて入れば擦り傷ぐらいで済むのかとも思いましたが、教習所ではちゃんと膝もつけてましたし、膝を痛めてしまうと歩けないので手を痛めるより、別の意味でも痛いです。

以前勤めていたソフトウェア会社では、「足の骨は折ってもいいが、手の骨は絶対ダメ(キーボードが叩けなくなるから)」というのを冗談でよく言ってました。

そこで、以下のプロテクターを購入しました。左右両方入りです。

身長182cm、体重78kgの私の足にはLサイズでちょうどでした。下部をマジックテープのベルトで調節できるので、締め付けることもできます。ユニクロのストレッチスウェットパンツの下につけてみましたが、プロテクター自体が薄いので外見的につけているように見えませんし、付けている私もそれほど付けている感がありません。バイクに乗っている時に合わせて膝を曲げている時を標準形状にしているので、歩いたりすると違和感があるかもしれません。

膝上までまくり上がるズボンでないと簡単には外せません

翌日につけて走ってみました。パンツはユニクロの柔らかめのジーンズです。締め付けられる感はありません。歩行も問題なしです。

ただ、外す時には、パンツを膝上まで上げる必要があり、ちょっと手間取ります。タイトなパンツだとダメでしょう。まあ、バイク乗りの人はあまりタイトなパンツ履かないでしょうが。

プロテクターで重要なののはまずは背中でしょ

バイク倒れた時に痛めそうなのがまずは膝だと思うので、プロテクトは必要と思います。うちのヤマハのNMAX125は100kgなので。ただ、事故時に怖いのが背骨ですね。先に購入したジャケットには、簡易タイプ(標準品という意味で)のプロテクターが肘、肩、背中、胸についています。背中を痛めると四肢麻痺になることもあるでしょうから怖いです。もっと怖い自体にもなるでしょうし。

まずは、安全運転です。

  • 制限速度をちゃんと守る。
  • 無理して車線変更しない。
  • 方向指示器をちゃんと30m前に出して、後方を目視で確認する。
  • 歩行者、自転車最優先
  • 後ろにいる車や対向車や側面にいる運転手を信じきってはいけない

夏用バイクジャケットの購入

バイク乗るなら夏場には夏場の、冬場には冬場のジャケットが必要

バイクショップの店員さんにゴールドウィンのメッシュフードジャケットを勧められました。

本格的な夏場に向かって、夏場用のバイクジャケットを購入です。原付に乗っている人には、今の時期だと非バイク用ジャケット(つまり普通のジャンパーとか)や、暑い日には半袖Tシャツの人もいます。原二になると50Km/h出すことも度々なので、やっぱ怖いです。なので、バイク専用のジャケットが欲しくなったわけです。おまけに普通のジャケットだと暑いし。なのでメッシュタイプにしました。

寒い時には下になんか着ます。バイク用の防寒のインナーも売ってますが、店員さん曰く、冬用と夏用は分けて持っていた方が、長持ちするし良いそうです。

ただ、夏日になって暖かくなってくる頃には、その年のモデルは結構売れてしまっていて残り少なくなっているそうです。普通のアパレルみたいです。気に入ったウェアがあってもサイズが無かったりします。

またまた、お店価格とネットショップ価格にちょっと開きがあったので泣く泣くアマゾンで買いました。

(いつも気さくに話して製品勧めてもらうのに他で買ってごめんなさい。シャンプー買ったので許して。) to 店員さん

最近話題のマーケットプレイスではなく、アマゾン自体の発売版です。

私は身長182cm,体重78Kgなんで、いつもの買い物だと上着はXLやOなんですが、バイクジャケットについては、RS TAICHIの製品もそうだったのですが、XLだと胸がきつくて、ワンランク上のXXLにしました。(上記の製品リンクは、XLになってます)。

メッシュタイプのバイクジャケットを着てみた

写真はTシャツとユニクロの薄いシャツ(冬場のテニスの時に羽織ってます)の上に着た状態です。標準で、ハードタイプではないですが、肩、肘、胸、背中にプロテクタが入っています。今まで何にもなしだったのでちょっとだけ安心。

この製品のポイントは、フード付きで外せないことです。これまでユニクロのフード付きのブロックテックライトパーカーを着てましたが、フードが表に出ると風でバタついて気になります。その場合には、フードを背中のところに押し込んでおけば良いです。

本製品にしたのは、ちょっと予算的には高かったのですが、蛍光色の緑のラインが視認性をあげてくれそうだったのと、製品ロゴが控えめなので、町歩きでもバイクジャケットには見えないからです。

気温23度だとTシャツとユニクロの薄いシャツを重ね着していると暑い

着て走ってきました。走っていても暑いです。メッシュなので風通しは良いのですがそれでも厚みはあるので、暑いです。Tシャツの上に羽織るようにするとちょうど良いです。多分、もっと気温が上がれば、Tシャツ+のパターンでないと無理でしょう。

なんだかんだでお金が飛んで行く

バイク買って保険入って、あとはガソリン代ぐらいかと思っていましたが、シャンプーやギアで結構お金使ってます。また、明日別のギアが届く予定です。

配達してもらうヤマト運輸の人に悪いので、一緒に届けてもらうようにネットで時間指定したんですが、間に合わず、ジャケットだけ先に届いてしまいました。