カテゴリー別アーカイブ: コンピュータ

Macbookを大事にしたいならまず保護シールを貼りたいものです

Macbook Airちゃんに今頃保護シールを貼ってあげた

2015年冬に、新たなMacbookが発表になり、お店で値切って安く買った型落ち直前のMacbook Airちゃん。仕事に持ち出したり、スタバで記事書いたりをたまーにする程度なので、外見をそれほど気にしていませんでした。しかし、使っていくうちに美しい外装に手垢が付いてきました。これはなんか保護するべきだな、と思い、ケースタイプかシールタイプがあったので、シールタイプを購入して見ました。安いので。

 

31色もあるので迷ったのですが、エイヤでブラックカーボンにしました。

上蓋にシールを貼って見た

ここはアップルロゴが綺麗にシールから抜けるように貼ることが大事です。1回目に貼ってずれているのに気づいて、貼り直しました。

 

底蓋にシールを貼って見た

ここはちょっと気になる点があって、四箇所の丸いゴムの部分はシール上抜けているのですが、貼ってみると若干ずれます。右のゴムに合わせると左のゴムにちょっと隙間ができるという具合です。ぴったり行きませんでした。ここは諦めました。

 

アームレストに貼って見た

こちらは特に問題ないと思いますが、よくみるとトラックパッドの部分が少しずれてますね。私は気にしないことにしましたが、プロは気にするかも。

私は満足

お値段3,000円弱のシールです。費用対効果はあると思います。

気泡ですが、貼る時にできますけど、Youtubeにお店が乗せている貼り方の動画のように、貼ってからでも指で押し出せば消えます。いつもシールを貼ると気泡が残るド下手な私でも気泡無しでできました。

これでスタバでMacbook Airを使っていても、「ちょっと違うじゃん」と思わせることができるやらできないやら。

 

今更iPad Air 2にフィルムを貼ってみた

視力低下にブルーライトカットは聞くんでしょうかね?

以前からiPad Air 2で電子書籍やGAOの無料番組を寝る前に見ていました。フィルムは付けていません。最近あまり持ち出さないし、付けていたApple純正カバーがべっとべとにプラスチック部分が溶けてきたので外してしまったので、iPad Air 2裸状態で使っていました。

しかし、どうも最近視力低下が激しいので、目薬差しながら、「iPad Air 2にブルーライトカットのフィルムを貼ると変わるかな?」程度に買って見ました。

貼りやすい、でも目に対する効果はまだわからない

iPhone X用のフィルムもエレコムさんのを付けたのですが、その時と同様に気泡が全く残りませんでした。2度目の感動です!フィルム貼りの下手私にも出来たって感じです。

画面の見やすさですが、光沢があって綺麗に感じます。また、もともとのディスプレイ上に小さな傷みたいなのがあったのですが、フィルムで見えなりました。

ほとんど持ち出さなくなったiPad Air 2ですが、フィルムは部屋でも貼っておいた方が良さそうです。

ただし、視力の低下が軽減されるのかどうかはこれから使って見て感じるのでしょう。ちょっと期待してますが。

Apple Watchが交換されて届いた

てっきり修理かと思いきや

以前の投稿のようにディスプレイ面の端が本体部分から浮き上がって、中が見えるようになっていたので、別件のApple Supportへの問合せついでに話したら、初代Apple WatchですでにApple Care切れてるんだけど、修理してくれるというありがたい申し出を受けました。早速、ヤマト運輸さんが日曜日に取りに来てくれて、本体だけ渡して、本日水曜日に戻って来ました。なんと、修理ではなく、製品交換です。つまり、新品(または新古品?)

修理に出したものは、テニスなのでいつもはめていたので、裏面は結構汚れていましたが、交換品はもちろん綺麗。

聞く必要もないので、Appleには聞いていませんが、もしかして初代Apple Watchはディスプレイが外れるという不良がもともとあるのかも。

同じような事象にあった方は、試しにApple Supportに相談してみては?無償交換してくれるかも。

初代Apple WatchとiPhone Xのペアリングでアップルのサポートを受けたら

Apple WatchとiPhone Xのペアリングの仕方がわからない

アップルのテクニカルサポートにコールバック電話してもらいました。

結論から言うと、Apple WatchがiPhone 6 Plusとペアリングしていたのがダメなんです。

1台のiPhoneは複数のApple Watchとペアリングできます。1台のApple Watchは1台のiPhoneとのみペアリングできます。つまり、私の場合、Apple WatchとiPhone 6 Plusのペアリングを解除してからでないと、Apple WatchとiPhone Xはペアリングできないわけです。

早速、iPhone 6 PlusからApple Watchのペアリングを解除しました。が、iPhone 6 Plusには、「Apple Watchとのペアリング解除に失敗しました」と表示されました。実際には、Apple Watchで時間が掛かっていたようで、Apple Watchは、ペアリング待ち状態になりました。

Apple Watchが壊れている!

が、そのままiPhone Xとペアリングしませんでした。Apple Watchは、サードパーティの丈夫なケースに入れて使っていたのですが、ケースを外してみると、Apple Watchのガラス部分が本体から一部分数ミリ隙間が開いていて中がちょろっと見えるのです。これまではケースがあったので気付きませんでした。

AppleのApple Watchのサポート担当さんに、隙間が開いていることを伝えると、修理してくれることになりました。初代なので製品サポート期間は終わっていますが、なんと無償です。(まるで、iMac 27inchのヒンジが壊れた時のような対応です。製品不良?)

すぐにサポート担当さんが、クロネコヤマトによるApple Watchの回収手配してくれました。明日取りに来てくれます。バンドとかは外して本体のみ預ければ良いそうです。Apple Watchのスクリーンには防護シール貼ってましたが、もう一つ予備があるので、防護シールも外しました。Apple Watchは、通常の外出時はもとより、テニス中にもつけているので汚れてました。綺麗にして送り返してくれると嬉しいな。

サポートは時間が掛かったが、終わりよければすべてよし

アップルのサポートの電話の待ち時間は結構長かったので、トータルで1時間40分ほど掛かりました。アップルからTELしてくれるので、電話代がかからずGoodです。どっかのサポートは、03だったり050だったりするので、長時間話す気が失せます。

おまけにApple Watchを直してくれるので感激ものです。思わず電話でサポート担当さんに「やっぱりアップル最高です!」って言ってしまいました。

iPhone X 64GBシルバーを注文

Apple Online Storeでの注文開始が遅い

16:01からずっとアクセスしていましたが、結局注文画面が表示されたのは16:10ごろでした。

11月3日には入手できないみたい

注文殺到したんでしょう。iPhone Xと同時にレザーフォリオ(ブラック)も同時注文したので、若干注文確定まで時間が掛かったのも影響したかも。レザーフォリオは、10月31日配達予定ですが、肝心のiPhone Xは、11月14日から21日の間になってしまいました。まあ、アップルの場合、たまーに予定より早く発送されることもあるので、早まることを期待しますが。

追記10/29:

ネットの記事を読むと、16:01からApple Online Storeにアクセスできていた人はいたようです。私のように10分近く待たされたのは、運の悪い人かも。iMacのSafariとiPadのApple Storeアプリの二つでアクセス繰り返していたのですが、残念。

追記11/10:

案の定で、11月14日から21日の配達予定でしたが、11日に配達されることになりました。

非公式ですが、b-mobileでもAPNプロファイルを入れることにより、ドコモ回線を使用するb-mobile おかわりSIMでも使用できるそうです(サポートにTELして確認しました)。b-mobile的には、Webでの「対応してます」公開を持って、正式対応となるそうです。

 やっぱり高いiPhone X。でも買っておかないといけない理由がある

理由は単純で、iOSのアプリ開発を行っているので、評価用に必要なのです。Xcodeのシミュレータでもいいんですが、遅いし使いづらくて。あとは、10周年の記念ですね。I love Apple products.

Parallels Desktop 12 for MacでゲストOSがmacOSの場合にJISキーボードを使う

キーボードレイアウトの変更でいける

昔のParallelsとMac OSのペアだとParallelsのブートパラメータで、JISキーボードが有効になりましたが、少なくともParallels Desktop 12ではできません。。

https://act2inc.zendesk.com/hc/ja/articles/206212421-

に従って、レイアウトをファイルを

/Library/Keyboard Layouts/PSJ.keylayout

に放り込んでことえりを設定するといけます。

 

Parallels Desktop 11でMac OSの仮想OSを動かすとBluetooth Mouseが切れまくる

マウスのBluetooth接続が切れて、クリックすると繋がる状態が繰り返される

Parallels Desktop 11でMac OS El Captainを動かしています。ホストはmac OS Sieraです。

NVRAMリセットやってみましたがダメでした。

で、電池が60%ぐらいだったので、試しに100%にチャージしたエネループに交換してみると、あら不思議、Bluetoothが切れなくなりました。

バッテリー消耗するとまたマウスが切れるのかも知れませんが、とりあえずは解決です。

暫定的にUSB接続のMicrosoft Mouseを繋いでみたりしたのですが、純正マウスの方が良いです。

Parallels Desktop 11でMac OSの仮想OSのキーボードがJISにならない時

起動時オプションでは解決できなくなっていました

http://d.hatena.ne.jp/m__z/20130909/1378718825

の方が公開されている情報を元に、Parallels Desktop 11のMac OS El Capitanを設定すると、ちゃんとJISキーボードのように’や()などの文字が入力できるようになりました。また円マークも問題なかったです。

どうしてもXcode 6.4を使用する必要が出てきたのですが、mac OS siera上でXcode 6.4を起動しようとするとUnexpected Errorになって解決できなくなって困っていました。

El Capitan上ではちゃんとXcode 6.4が起動できました。

Microsoft Excel:mac 2011にもピボットがあったのに今気付いた

ピボットがあったなんて

全然気付きませんでした。「データ」タブにあったですね。

ピボットは、営業さんなら特に有用で、プログラマの私でも自分が扱っている製品がどの営業部門から売れているか分析するのにしょっちゅう使用していました。

表やグラフによる分析に便利なビジネスパーソン必修とも言えるExcelのピボットですが、てっきりMS ExcelのMac 2011版には無いと思っていました。必要な時には、Windowsに持って行ってそっちのExcelで作っていました。

左から3つ目にピボットテーブルがあります。

ピボットテーブルの作り始め