万年筆はいい

万年筆を使うのは大学以来

筆記用具として、万年筆が見直されているという記事を読みました。

万年筆は、大学卒業以来使っていませんでした。大学では、レポートを書くのに万年筆を使うのが必須だったので、ひたすら書いていました。今時の大学生はWordなんでしょうねえ。だからコピペも簡単にできてしまう。

気づくのは、ボールペンで書くより、万年筆で書いた方が、字が綺麗に見えること。私は、悪筆なので、尚更です。

品質の悪いボールペンだと、あっさりペン先からインクが出なくなります。確か、微妙な表面張力か何かの力が働くように万年筆は作られているので、そこがうまく働かなくなると、書けなくなります。

久しぶりに書きものをしないと行けなくなったので(書類書きですが)、万年筆を買いました。

やっぱり、万年筆は書きやすいです。値段は、ほどほどにしてみました。超安くはなく、高くもなく。超安いものは、すぐ書けなくなってしまいそうだし、高いのは使わなくなったらもったいないし。この万年筆は、いい感触です。紙との相性にもよりますが、インクの滲みもありません。オススメです。