私が受講したことのある学校のご紹介

専門学校

一例は、私が通ったSprott-Shaw Collegeです。

Sprott-Shaw College

リンク

ビジネスマネージメント、国際貿易、観光業などなど多彩なコースがあります。いくつかキャンパスがあります。ダウンタウンにあるのがメインです。日本人の担当者もいます。

入学の一週間ぐらい前に英語のレベルチェックをコンピュータで受けます。それに合格すれば、そのままスタートです。レベルチェックに落ちると、英語コースに回されます。

日本人の担当者の部屋で話すとき以外は、日本人との間でも英語を使うように指示されます。

生徒は、大学生以上です。国籍は、日本、韓国が多く、続いて中国、ヨーロッパ圏などなど多彩です。日本人だと、私のコースでは、学生がほとんどでした。男女比は半々ぐらいです。コースによります。観光業コースの方は女性が多いかったです。

先生は、フランス系カナダ人でした。

私の経験談については、http://www.naruppe.info/blog/?s=Sprott-Shaw をご参照ください。

 

英会話学校

一例は、私が通ったKing George International College (KGIC)です。

KGIC

リンク,日本語でしたらこちらの記載が詳しいです。

キャンパスは、バンクーバーのダウンタウン、スーリー(Surrey)市、ビクトリア市、トロント市にあります。

img_0347
ダウンタウンキャンパスです。三階建です。右の方に見えるのは関係ないホテルです。

私は、SurreyとDowntownのキャンパスで学びました。Surreyのキャンパスは、やや南のスカイトレインのKing George駅の近くに移動したようです。

私の経験談は、http://www.naruppe.info/blog/?s=KGIC をご参照ください。


ひとこと

英会話学校だと学生が多いですし、専門学校ですと社会人の割合が少し多くなります。

学校ですので、基本若い人が多いです。

外国人は基本年齢差を全く気にしません。気軽に話しかけてくれますし、こっちから話しかけても全く問題ありません。

日本人と話すときだけは、相手が若くて、こっちが中年ですと、名前に「さん」付けされることがありますが、英語ですので、会話に年齢差は感じません。

私は、48歳で留学したので、日本人には、「さん」付けされちゃいました。

 

日々の情報を発信!