本日のテニスレッスンメモ(2018/5/3) ショット時の足の位置に意味はあるのか?

ストロークの時に足の位置を意識するべきか?

今日のレッスンの中で、一旦オープンスタンスにして、そこからクローズ気味に普通にショットする練習を、フォア、バックとも行いました。

が、スタンスは基本ボールとの位置で決まるし、生徒によって足の長さ違うし、球出しの位置によっても変わるので、あまりスタンスを考える必要はないのではないかと思います。特に試合になってしまえば、飛んでくるボールに合わせたフットワークで走り込んで打つわけなので。

試合でダブルフォールト三連発

まあ、そういうこともあります。そのあとは、羽子板気味に、入れるように意識して、結局はノーアドで1ゲーム取りました。

練習ですから、早いサービスはあまり打たずに、ストローク戦に持ち込んだほうが良いと思っています。

本日の振替で来られて女性のサービスレシーブはすごかった

サービスも相当早い女性でした。バシバシ入ります。私の立場がありません。

それよりも、レシーブです。バックハンドでレシーブを打ち込みます。初中級では、私みたいにフォアハンドで打ち込む人はたまにいますが、バックハンドで打ち込む人は初めてでした。まあ、それでもサーバーの生徒さんは返せてましたが。

初中級では、ストロークに関してはスピードよりは、コースの方が重要な気がします。