本日のテニスレッスンメモ(2018/9/18) また怪我をしてしまった

膝負傷再び

前回、数年前ですが、その時はクロスステップで靴を踏んでしまって、こけて膝を擦りむいて、砂入人工芝の洗礼を受けて、膝の外皮(皮膚は、外側から外皮、上皮、皮下組織になっています)がサクッと無くなってしまった状態になりました。両足とも。その時は、あとで皮膚科行きです。もう若くは無いので、完治まで数ヶ月かかりました。

さて、本日は、アプローチでカッコよく走り込んでスピンショット打とうとして前にコケました。両手と両膝を着いたら両膝だけ出血です。出血しちゃったんで、練習を抜け出して、スクールのスタッフに消毒して絆創膏を貼って貰いました。砂入人工芝なので、砂が傷口に入っており、一度水洗いしてからです。

その後は、普通通り練習を継続しました。

ショートクロスをベースラインから打つときには

前に出てサービスラインあたりからショートクロス打つなら、スピンショットですが、ベースラインあたりから打つときは、パンチショット(ラケットの角度だけ合わせて、振らない)で良さそうです。スピードは出ませんが、下手にスライスやスピンにするより比較的安定して角度が付きます。その代わり相手が追いつくことも想像されますが、その後どうするか、というのがポイントで、ショートクロスで決める必要はダブルスでは無いのです。

私みたいな長身で走る人だと、ショートクロスでも追いつきますし(コートが狭いと壁に当たりますけど)。

前に落とされたときに、考えすぎるとよく無いので、まずは追いつくこと

練習試合の時に、私が後衛で、相手のショットがネット際に落とされました。感覚的には、追いつけると判断して、逆方向のショートクロスに軽く打ち返そうと思ったところ、フレームの頭に当たる程度でミスしました。結構、ドロップ気味のショットに追いつく自身はあるので、その後を考えてしまい、肝心の十分ラケットをコントロールできる位置まで踏み込むのを怠ったとみます。なので、変に悔しいです(練習試合のゲームは勝ちましたが)。

後衛がちゃんと安定してリターンできる人だと楽

思い切ってポーチに出て、裏を書かれても、ロブ気味なら後衛が拾ってくれるので楽です。

まあ、練習試合ですから、私は勝つことより、半分チャレンジ、半分安全(長く打ち合うため)と意識しています。

MacBook Pro 13inchの電器店展示品のディスク残容量が少ない

MacBook Proの実機を触ってきた

MacBookは、以前触ったことがありましたが、Proはまだ触ったことが無いので、今回購入を検討するにあたり実機を触ってきました。Apple Storeは、高知には無いので家電量販店です。

128GBモデルのディスク残が20GB!!

普通は、初期状態ぐらいで売っているものと思っていましたが、なんとディスク容量少なすぎでした。MacBook Air 128GBモデルを使っていた経験からして、そんなに頻繁に使っていなくてもディスクは60GBぐらいは空いていたので、展示品についてはびっくりでした。

もしかして、Proだから?

256GBモデルを買って、128GBで分けてWindowsとBootCampを考えていた私としては、気になったので、Apple Supportにチャットで聞いてみました。「ディスクサイズの20%ぐらいを初期状態で使用する目安にしてください。」とのことです。まあ、128GBと256GBモデルで同じパーセンテージと言うのはおかしな話ですが、ゴミが溜まっていなければ数十ギガという想定の範囲ということです。とりあえず安心です。

Pro買うかは決めてません

Airと持ち比べてみましたが、Proは重いです。カナダ留学中に持ち歩いていた昔のProとは比べ物にならないぐらい軽くて薄いですが。あと、ディスク容量がWindowsで128GBで足りるのかも気になっています。変なものいっぱい入れなければ大丈夫でしょうけど。

とっとと、廉価版MacBook(Air)をAppleが発表してくれれば、何を買うか決められるんですけど。

Apple Special EventはSpecialではなかった

個人的にガッカリな製品群

まず、余談ですが、なぜか朝四時に目が覚めてしまいました。普段そんな時間に起きないのに、すかさずiPad AirでApple Onlie Storeの商品を確認して、ガッカリして二度寝です。

まず、Macの新製品がない。

これは、イベント前にも想定されていたことなので仕方ないですが、ただでさえ小粒なイベントがさらにつまらなくなりました。(あくまで個人的見解です。MacBook(Air)の新機種が欲しかったので)。

「iPhone Xs」「iPhone Xs Max」「iPhone XR」は面白くない

iPhone Xのマイナーバージョンアップです。安いXRやでかいMaxを追加しただけです。

iPhone 5をまだ持っている私としては、SEの後継機でもあれば、「やるじゃん」と言う気もしましたが、Onlineの製品ラインナップから消えちゃいました。ありえねえ。なぜ小さいスマホを無視するの?

Apple Watch Series 4にはちょっと興味をそそられる

心拍数を常にチェックしてくれるらしいです。確かに心拍数のチェックの意味はありますが、それより不整脈がチェックできた方が良いでしょう。心拍数は、激しい運動すれば急上昇するものですし。もし、アプリで不整脈チェックが常にできるならすごい。

iOSアプリで不整脈チェックを意図したときに行うアプリはあります。

結局、MacBook Airを売ってしまったのは間違い

はやまりました。例え買取価格安くなっても、新MacBook(Air)が出るまでは、売るのを待てばよかったです。

いずれWindows機も必要になるので、現行のMacBook Proを買って、BootCampという手もありますが、価格は、それなら安いWindowsデスクトップとMacBook Airを買っても対して変わらないので、しばらくは様子見です。

新MacBook(Air)の発表を待ちたいと思います。10月かな?

本日のテニスレッスンメモ(2018/9/11) 火曜日レッスンスタート

木曜日よりハードです

火曜日の方が木曜日より人数多いです。また、生徒のレベルが高いです。男性も本日は私以外に2名いて、1名はなかなか鋭いショットを打ってきました。

素早く動くときに反対の足を逆方向に動かして反動をつける(でも難しい)

例えば、前のボールに駆け込むとき、普通だとどちらかの足をすぐに前に出しますが、今回のレッスンでは、逆の足を半歩引いて反動をつけて前に出る練習をしました。応用で、左右、後ろに早く動くときも、逆の足を半歩逆方向に動かして弾みをつけます。

と、言っても、練習ではできますが、本番のラリーや試合になったら完璧に忘れてます。

練習試合は他の人のサービスを一度は見ないと

特にフラットやスライスで早い球を打ってくる人は注意が必要なのですが、1発目を見ないことにはわからないので、まず観察です。本日全員サービスを打ったわけではないですが、要注意人物は抑えました。

新MacBookの話題が出てこない

iPhone Xの新機種の情報ばかり

もう明後日になったApple Special Eventですが、ネットの話題はiPhone Xの新機種についてばっかりです。みなさんMacBookには興味がないのかなあ。

もし、新MacBook(Air)が発表されなかったらどうしよう

MacBook Air Early 2014を売ったばかりで、まだ困ってはいないですが、今後必要になりそうなので、MacBookがないと困ります。

なので、もし、今回のSpecial Eventで何も発表されなかったら、MacBook Proを買うことになるでしょう。Windows兼用機にするのなら仕方ないか。キーボードも改善されたようですし。重さもそんなにMacBook Airと変わらないし。

情報の確度

大きな災害や事件のたびに飛び交う嘘

本当の話を嘘だと思ってしまうリスクを取るか、嘘の話を本当だと持ってしまうリスクを取るか、難しいところです。

私の場合は、「極力本当だと言えない情報は見ない、読まない、広げない」です。

その方法は?

まず、TwitterなどのSNSで、公式アカウント以外の情報は無視します。NHKとかなら見る。個人なら見ない。

後は、Yahoo!ニュースあたりで、タイトルに「…か」とか「か?」のように、確定タイトルになっていないものは読みません。スポーツ新聞のWeb記事に多いです。読むのは時間の無駄だと思っています。

自分の書くネタの場合

言い切り型にしているつもりです。「と思います」も嫌いです。「と考えます。」に変えてます。できれば、「です。」と言い切るようにしているつもりです。

と、この記事を読み返すと「思っています」を使っているじゃないですか。まだまだですね。

本日のテニスレッスンメモ(2018/9/6) 久しぶりにエンジョイ

社労士試験のためのブレイク明け

2ヶ月スクールをお休みしていましたが、今月から復活です。

予定では、火曜日なんですが、台風来ていたので振り替えて本日木曜日(休む前と同じ時間)に実施です。コーチもメンバもほぼ同じ。

太ったせいか動きが鈍いぞ

社労士試験の勉強の3ヶ月間ほぼ部屋に籠っていたこともあり、体重が数キロ増えちゃいました。なので動き鈍いです。

スピンショットを意識して

やっぱりナダルのスピンショットには憧れるなあ、と思い、ラケットはバボラのPure Driveですが、ボール出しの時には意図してスピンショットで打ってみました。フレームショットになることも無く、ほぼ安定してます。たまにオーバーしますが。

前だろうが横だろうが届くと思えば届く

ベースラインの内側に入っている状態で、ネットギリギリとか、サイドを突かれると、取れないか、と思うかも知れませんが、足が動きさえすれば取れますよ。気合いです。まあ、メンバの中で私だけ男性出し、身長高いし、手長いし、走れるし、他のメンバとはちょっと違いますが。といって、私が上手いと言っているわけではないですよ。女性でバックハンドキレキレの人もいます。その人がいるとラリーが続いて盛り上がる。

毎度おなじみダブルフォールトで始まる

練習試合では、毎回、ダブルフォールトを一二回やってから、サーブが入り始めるんですよね。不思議。その前にサービス練習しているのに。まあ、その後挽回するんで問題ないのですが。

あくまで練習試合なので、勝ち負けよりはラリーに徹したり、ショットの方法を変えてみたりして楽しんでいます。

 

MDR-DS6000を使用しているとiMacがおかしくなる

MDR-DS6000とは

2.4 GHz無線伝送方式(デジタル)を使用したデジタルサラウンドヘッドホンシステムです。DVD機器やBS/地上波デジタルチューナーなどと本システムのデジタルサラウンドプロ セッサーを付属の光デジタル接続ケーブルで接続して、マルチチャンネルのサラウ ンド音場を、ヘッドホンで快適に楽しめます。

iMac Late 2013 27inchの直上に置いて音楽を聴くとおかしくなる

iMacの上に以下のキングジムの棚をつけています。そこの右端にMDR-DS6000を置いていました。

iMacとデジタル(線は単なるアナログのピンケーブルみたいですが、ちゃんとデジタルです)で繋いでいます。

で、ヘッドホンを装着して、iTunesで音楽を聴き始めると以下が起きます。

  • Bluetooth Mouseの動きが悪くなる。
  • 無線LANが切れる

対処

キングジムの棚をつけるまでは、iMacの脇にMDR-DS6000を置いていたので、試しに、iMacの横につけたセカンドディスプレイの上のキングジムの棚に移動してみました。

あら不思議、ちゃんと正常にiMacは動作します。問題ありません。

MDR-DS6000本体とヘッドホンのMDR-RF6000との間で2.4 GHz無線伝送で通信していますが、iMacの左上だと無線LANなどの通信と干渉するのではないかと想像されます。

MDR-DS6000は、相当古い製品ですが、まだまだ現役でいい音出してくれます。耳当て部のカバーはボロボロになったので変えましたが。

Apple Special Event 2018 Fall

Apple Special Eventの日時が決まりましたね

日本時間9月13日午前2時から4時です。

新型機種が日本で即時販売開始になるとは、これまでの経過から思えないので、朝になってから状況を確認します。

どんなMacBookが出るやら。出なかったら大ショック。。

しばらくはノートPCの無い生活

基本iMacだからいいんですけど

スタバやお仕事がらみでちょろっと使うときに便利だった、MacBook Airが無いと少し寂しい。

さて、Appleの9月のイベントで発表が噂されているMacBook。

ほとんどの方の興味はiPhoneなんでしょうが、私はXを去年買ったので、今年は大人しくしています。

MacBookなりMacBook Airなりが発表されなかったら、ショックすぎなので、よろしくお願いします。Apple。

さて、発表された後なんですが、普通は即Apple Online Storeで予約(または購入)となるのですが、新型を待って現行のMacBookを値切って買うという方法もあります。そのままだと不良在庫になるので、電気屋さんによってはのってくれます。

12インチの1.3GHzプロセッサ 512GBストレージ版MacBookを値下げして、Core m3版と同じぐらいにしてくれるなら買ってもいいかも。うーん、でも今の時期からするとスペックがイマイチなので、さらに安くならないとダメですな。すると、電気屋さんもそこまで安くはしてくれないので、無理そうですね。無難に、Appleで買いましょう。SSDはやっぱり.m2にして欲しい。。。

日々の情報を発信!